teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


[公募展] 第25回大韓航空 トラベルフォトコンテスト参加案内

 投稿者:kiroro  投稿日:2018年 7月20日(金)03時23分44秒
編集済
  [公募展] 第25回大韓航空 トラベルフォトコンテスト参加案内(2018 年7月 13日 ~ 08月 20日)

第25回 大韓航空トラベルフォトコンテストの募集を開始します。
皆様からのたくさんのご応募をお待ちしています!
詳しい内容は募集要項をご覧ください。


[公募要項]
● テーマ
一般部門
楽しい旅の思い出写真

特別部門
Go Beyond
航空撮影(例:ドローン撮影)など、新しい視点から旅を紹介する写真。旅の新たな姿、新しい挑戦や経験を表現した作品

● 対象者
どなたでもご応募いただけます。(国籍は問いません)

● 応募期間
一般部門・特別部門:2018 年7月 13日 ~ 08月 20日

● 応募要項および作品規格
-デジタルカメラ、または携帯電話での作品企画 : 制限なし
(コンピューターグラフィックや合成加工したものは不可。受賞した方からは、3,000ピクセル以上の原本データをご送付頂きます。)
-フィルムカメラ作品:モノクロ、またはカラー写真<11×14インチ>
*撮影日時の制限なし

● 応募要項
- オンライン : トラベルフォトコンテストのWEBサイトにログイン後、作品をアップロードしてください。
- オフライン : 郵送または持ち込み(但し、応募者の連絡先及び名前は必ず記載)
*Korean Air Travel Photo Contest Management Office : 3rd Fl. Backyoung bldg. 413, Bongeunsa-ro, Gangnam-gu Seoul, Korea [06097])

● 応募点数 : 各分野に1人最大5点(オンライン及び郵送での応募の合計)
       例)一般部門5点+GO Beyond 5点、最大合計10点の応募が可能

入賞者発表
―このサイト(photo.koreanair.com, 韓国日報紙面、受賞者への個別通知にて発表)

受賞式
―韓国ソウルIL WOO SPACEにて実施予定。詳細は入賞者へ別途お知らせ致します。

[賞品]
● 一般部門
- 大賞(1名)
大韓航空の国際線プレステージクラス往復航空券2枚(全路線から選択)とプレステージクラス韓国国内線往復航空券2枚 +カメラ (V-lux Explorer Kit) 1台

-  金賞(1名)
大韓航空の国際線プレステージクラス往復航空券2枚(全路線から選択)

-  銀賞(2名)
大韓航空の国際線エコノミークラス往復航空券2枚(全路線から選択)

-   銅賞(6名)
大韓航空のエコノミークラス往復航空券2枚(韓国-日本、韓国-中国、韓国-東南アジア路線から選択)
(受賞者が米州およびヨーロッパ在住者の場合、米州またはヨーロッパから韓国へのエコノミークラス往復航空券1枚)

●  入選(50名)
大韓航空のエコノミークラス韓国国内線往復航空券2枚

● 特別部門
- Go Beyond   (5名)
- 大韓航空 航空券(韓国国内線エコノミークラス 各2枚)、KALホテル宿泊券 2泊3日 (済州島)


※ 第25回 大韓航空トラベルフォトコンテスト 運営事務局
E-mailによるお問い合わせ: koreanairphoto@gmail.com

 
 

Flower Design AWARD by MATSUYAMA DESIGN WEEK

 投稿者:Flower  投稿日:2018年 7月19日(木)23時53分57秒
  コンペの概要
Flower Design AWARD by MATSUYAMA DESIGN WEEK
MATSUYAMA DESIGN WEEK を2018年9月に花園町、大街道・銀天街(中央商店街)、ロープウェー商店街にて展開致します。開催に先立ち、デザインサイト「designboom」にて花をテーマにした世界コンペティションの募集を行います。グラフィック、アート、プロダクト、映像など、幅広いジャンルから世界規模で作品を募集し、松山市を世界に発信するための新しいアイデアや表現方法を、言語、国籍、年齢、性別、文化を超えて世界中から募集します。

最高賞金
56 万円
グランプリ4,000ユーロ(約56万円)・準グランプリ1,000ユーロ(約12万6千円)×2本

コンペの応募内容
「花」をテーマにしたデザイン作品(ジャンル不問:立体・平面・映像可)
コンペの応募期間
2018年06月01日(金) から 2018年06月30日(土) まで
コンペの日程
■募集期間:2018年6月1日~6月30日
■審査について
1次審査:応募作品の中から審査員が約100点を選考
2次審査:1次審査を通過した作品の中からグランプリ1名、準グランプリ2名、審査員特別賞を決定
■結果発表
2018年8月中旬
参加方法
作品の応募については、以下の2つの手続きが必要です。
1 .デザインニュース配信サイト「designboom」からのユーザー登録
2. デザインニュース配信サイト「designboom」からの作品応募
www.designboom.com/competition/flower-design-award-matsuyama-design-week/

■提出物
・基本情報(名前・連絡先・年齢・国籍等)
・デザインコンセプト
・作品写真/映像 ※未発表のもののみ応募が可能

参加資格
不問
著作権の取扱について
■権利規定
作品の著作権は応募者に帰属し、入賞作品はWebサイト、告知媒体などで公表されることが前提となります。また、入賞作品は、今後の松山市のマーケティング活動に使用させて頂く場合があります。応募にあたっては、必要に応じて応募者自身で権利保護等の措置を講じてください。ご応募頂いた作品が商品化される場合、6カ月間はアワードの主催者である、松山デザインウィークが交渉権を持ちます。応募作品が、既発表のデザインと同一または酷似している場合、または第三者の知的財産権の侵害となる場合(応募後に侵害となった場合を含む)は受賞結果発表後であっても受賞を取り消す場合があります。
主催
まつやま健幸・賑幸促進委員会
審査委員
隈 研吾氏、長谷川 喜美氏、designboom、他(予定)
お問い合わせ先
JAPAN DESIGN WEEK運営事務局
担当:中野 電話番号:090-3653-2732
メール:info@japandesignweek.jp
 

銭湯ポスター総選挙2018 銭湯の魅力を伝えるポスターを募集します

 投稿者: 銭湯ポスター  投稿日:2018年 7月19日(木)23時53分13秒
  コンペの概要
全国各地からしだいに消えつつある銭湯の魅力と今日的価値を多くの人に伝えようと昨年開催したユニークな「銭湯へGO! ポスター展」は、銭湯に出かけ、湯船に浸からなければ観られないユニークなものとしました。おかげさまで多くのメディアやSNSで取り上げられるとともに、大勢の来湯者にも好評を博し、成功裡に終えることができました。
都市防災などに不可欠な地域コミュニティー再生のきっかけとなる銭湯。
その存在感をいっそう高めるため、昨年同様、銭湯の魅力と価値のアピールをテーマとし、ポスター作品を募集します。
皆さんから寄せられたポスターは、10月から11月にかけて東京、名古屋、大阪、札幌、福岡の銭湯で巡回掲出されたのち、優秀作品は印刷して全国の銭湯に配布予定です。また「銭湯ポスター総選挙」と題して人気投票を実施します。
クリエイティブの力で社会貢献を果たす日本広告制作協会のクリエイティブ・ボランティア事業であるこのポスター展。
ぜひ皆さんの熱いクリエイティブパワーを銭湯へ注ぎ込んでください!

●OAC大賞1点、その他コピー賞等数点


●銭湯ファン大賞1点、及び2位、3位の作品
(各銭湯に設置する投票箱による投票と、ホームページ上の投票を合計して決定する予定)
 銭湯ファン大賞の作品は全国の銭湯に配布、掲示予定です。(5,000枚)

コンペの応募内容
■プロ・アマ問わずどなたでもご参加いただけます。
■出品点数
法人・個人を問わず3作品まで

■出品料
1作品につき1,010円
※出品料は作品受領後に請求書を発行しますので、指定口座にお振込みください。
なお、エントリーシートに送付先住所・メールアドレスはを必ず明記してください。

■募集内容
テーマ:銭湯の魅力と価値をアピールするもの。銭湯へ行きたくなるもの。
    イラスト・写真など表現方法は問いません。
    なお昨年の応募作品は下記でお確かめください。
    kuribora.oac.or.jp/2017/works.html

■応募規定
STEP1:エントリー
    エントリーシートをサイトよりダウンロードして、
    メールまたはFAXにてお申し込みください。
    エントリー締め切り:2018年7月6日(金)
STEP2:作品制作
    デザインは台紙データをサイトよりダウンロードしてご使用ください。
STEP3:作品提出!
    1. 作品データ(DVDに入れてください)…1部
    2. A2プリントアウト…1部
    ※厚さ5mmのハレパネ(断ち切り)に貼り、裏面右下にエントリーシートを貼り付けてください。

以上2点をOACクリボラ係まで郵送ください。
    作品提出締め切り:2018年8月24日(金)

●銭湯の撮影が必要な場合
 銭湯の撮影が必要な場合は直接交渉していただくことになりますがコンプライアンスに十分ご注意ください。
●データについて
・A2サイズ、縦のポスター制作(連作は不可)
・データはCMYKで制作する。
・画像解像度は、A2の原寸出力サイズに対し350dpi
 注意:必要以上にデータ量を重くしないでください。
・使用フォントは必ずアウトライン化する。
・提出データはイラストレーターCS4、5、6またはCCのEPS形式で保存する。
・画像は統合してデータを軽くする。
※台紙に記載してある制作時の注意項目も必ず確認してください。

送付先:
〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-7銀座吉澤ビル9F
公益社団法人 日本広告制作協会 クリボラ係
TEL:03-3561-1220 FAX:03-3561-1221
Mail:mikami@oac.or.jp
コンペの応募期間
2018年07月06日(金) から 2018年08月24日(金) まで
コンペの日程
○ まずはエントリー

エントリーシートをサイトよりダウンロードして、
メールまたはFAXにてお申し込みください。
エントリー締め切り:2018年7月6日(金)

○ 作品提出締切

2018年8月24日(金)

○ 10月・11月 札幌・東京・名古屋・大阪・福岡 5都市10銭湯にて展示。人気投票を行います。

○ 表彰式2019年1月


参加資格
不問
著作権の取扱について
●出品作品の著作権は主催者に帰属します。OACサイトへのアップ、海外・国内巡回展での掲示として使用する場合がありますので、使用写真の肖像権・著作権などの権利関係はあらかじめクリアにしておいてください。
●自社作品のポートフォリオや自社サイトへの掲載は自由です。
●作品内容にコンプライアンス上の問題があると判断した場合は、作品の発表を控えさせていただく場合があります。
●展示用出力の校正はできませんので、ご了承ください。
主催
公益社団法人日本広告制作協会(OAC)
お問い合わせ先
〒104-0061 東京都中央区銀座1-14-7銀座吉澤ビル9F
公益社団法人 日本広告制作協会 クリボラ係
TEL:03-3561-1220 FAX:03-3561-1221
Mail:mikami@oac.or.jp
 

屋久島国際写真祭 YPF PHOTO CONTEST

 投稿者: YPF PHOTO CONTE  投稿日:2018年 7月19日(木)23時52分7秒
  コンペの概要
写真による文化交流事業を手がける特定非営利活動法人 屋久島国際写真祭(YPF) は、2018年11月3日から11月7日までの期間で開催予定の第三回屋久島国際写真祭に先駆けて、「YPF PHOTO CONTEST」の作品募集を7月1日(日)から開始します。
「YPF PHOTO CONTEST」では、パリを拠点にファッションや肖像の分野の第一線で活躍するMauro Mongiello氏を審査員に迎え、「屋久島部門」・「自由部門」2つの分野を設置、ともにメッセージ性の高い写真を募集しています。入賞作品は第三回屋久島国際写真祭にて展覧会を開催し、多くの写真家や業界関係者の目に止まります。

最優秀賞 各部門より1名  副賞:デジタルカメラ SIGMA dp2 Quattro
優秀賞  両部門より約5名 副賞:YPF MONSTRE GALLERY トートバッグ
入賞作品は第三回屋久島国際写真祭 YPF PHOTO CONTESTブースにて展示いたします。(11/3~11/7)

コンペの応募内容
テーマ:屋久島部門・自由部門
表彰:最優秀賞 各部門より1名  副賞:デジタルカメラ SIGMA dp2 Quattro
優秀賞  両部門より約5名 副賞:YPF MONSTRE GALLERY トートバッグ
入賞作品は第三回屋久島国際写真祭 YPF PHOTO CONTESTブースにて展示いたします。(11/3~11/7)
審査員:写真家・Mauro Mongiello(マウロ・モンジエロ)氏
応募期間:2018年7月1日~8月31日
参加費:無料
応募方法:YPF PHOTO CONTEST申込みフォームと、規定のデータ入稿をもってご応募ください。
詳細はYPF HP(ypf.photos/contest/)をご確認ください。
コンペの応募期間
2018年07月01日(日) から 2018年08月31日(金) まで
コンペの日程
応募期間:2018年7月1日~8月31日
参加方法
YPF HP(ypf.photos/contest/)より、YPF PHOTO CONTEST申込みフォームと、規定のデータ入稿をもってご応募ください。

参加資格
不問
著作権の取扱について
全入賞作品の使用権は主催者に帰属し、プリント展示、出版物、宣伝広告、インターネットなどへ無償で使用させていただきます
主催
特定非営利活動法人 屋久島国際写真祭
お問い合わせ先
特定非営利活動法人屋久島国際写真祭
代表 : 千々岩(チヂイワ)
TEL : 090-3607-7263 [13:00~16:00 ]
MAIL : ypf.photocontest@gmail.com

 

サイト/ノンサイト展

 投稿者:サイト/ノンサイト展  投稿日:2018年 7月19日(木)23時51分10秒
  コンペの概要
ARCOT(Colombian Artists in Tokyo) ではコロンビア共和国にて本(2018)年秋~冬頃開催予定のアートフェアおよび写真展開催に向け作品を公募いたします。
選出された作品はコロンビア共和国ボゴタ市のESPACIO ARCOT (ARCOT所有のアート展示スペース)等にて開催催予定のアートフェア(10月24~27日)および「サイト/ノンサイト展」(2018年秋~冬)にて展示される予定です。
ラテンアメリカ等海外での展示に興味のある作家の方々のご応募をお待ちしております。

コロンビア国内のアートスペース、ギャラリー、ミュージアム等での作品展示。アートフェアにおいて作品の販売(コミッション等については個別にお尋ねください)

コンペの応募内容
■作品のテーマ:「場所」をテーマとする作品。何らかのかたちで「場所」を主題としたキュレーションが可能な作品
■写真サイズ:日本ー南アメリカ間の航空輸送または展示地での印刷に支障のないもの
■写真の点数:6点まで
■デジタル/アナログ:不問
■未発表/既発表:不問
■主催:Ricardo Gaitán-Muñoz (ARCOTディレクター), Takaaki Kumagai (ARCOTキュレーター)
■審査員:野村はる(美術家)、Tetsuya Fukui (美術家)、Takaaki Kumagai (キュレーター・美術史家)ほか
■選考料金:3000円
■諸経費(選出された場合):11000円前後
*郵送費などにより多少変動する可能性があります。お問い合わせください。

■結果発表:2018年9月

■作品の展示:2018年下半期

■アートフェアについて: サイト/ノンサイト展展示作品の一部を2018年10月24日~27日開催予定のアートフェアに出品いたします。詳しくはお尋ねください。


お問い合わせは deenjapon@gmail.comまでお気軽にどうぞ。
コンペの応募期間
2018年06月01日(金) から 2018年08月31日(金) まで
コンペの日程
■応募締め切り:2018年8月31日(金)

■結果発表:2018年9月

■作品の返却:2019年上半期。ご承諾をいただいた場合ARCOTにて3年を目処に作品を保管し、新しい企画の際適宜相談のうえ展示させていただきます。
■作品の展示:2018年下半期
参加方法
■応募方法:作品(SNS公開サイズ)ポートフォリオ、ウェブサイト(あれば)を、deenjapon@gmail.comまでお送り下さい。審査料のお支払いについては別途ご連絡差し上げます。

参加資格
不問
著作権の取扱について
お送りいただいたデジタル画像は厳重に保管のうえ、審査終了後は全データを消去いたします。
主催
ARCOT (Colombian Artists in Tokyo)
お問い合わせ先
deenjapon@gmail.com
 

奈良文化財研究所 飛鳥資料館 第9回写真コンテスト「飛鳥のいきもの」

 投稿者:奈良文化財研究所 飛鳥資料館 第9回写真コンテス  投稿日:2018年 7月19日(木)23時49分16秒
  コンペの概要
耳をすますと聞こえる川のせせらぎや、小鳥のさえずり。
集落を歩けば、路地裏で猫が昼寝をし、田んぼではカエルが飛び跳ねます。
のどかな農村の景色が広がる飛鳥は、さまざまないきものの宝庫でもあります。
第9回の写真コンテストでは、「飛鳥のいきもの」がテーマです。歴史や文化を感じられる飛鳥地域で、動物や、虫、魚などの「いきもの」を写した写真を募集します。
飛鳥に暮らすたくさんのいきものは、飛鳥が都であった時代から現代まで、人々の営みとともに命をつなぎ、歴史を重ねてきました。いきものの姿を通して、飛鳥の魅力が写し出された写真をお待ちしています。

正一位・・・1名 5万円分の旅行券

従一位・・・1名 飛鳥資料館オリジナルカメラストラップ
※来館者投票で最多得票者の方

正二位・・・2名 チェキ

正三位・・・3名 堀内カラーファインアート・プリントクーポン

正四位・・・4名 コクヨプロフェッショナル写真用紙

正五位(若草賞)・・・1名 コクヨプロフェッショナル写真用紙
※10代・20代対象の若手部門


入賞者全員の副賞
・飛鳥の特産品(明日香の素材まるごとジャム)
・飛鳥の稲渕の棚田で採れた新米
・飛鳥資料館官位
・官位授与証
・写真額装
・展示図録一年分

コンペの応募内容
飛鳥地域の歴史や文化、人々の営みを感じる景観と一緒に「いきもの」を写した写真。

※「いきもの」は、猫や犬などの動物、鳥や毘虫、魚などの生物が対象です。
人や植物は、今回のテーマの「いきもの」の対象外とします。
コンペの応募期間
2018年06月01日(金) から 2018年07月08日(日) まで
コンペの日程
応募締切
2018 年7 月8日(日)必着

展示期間
2018年7 月27 日(金)~ 9 月2 日(日)

来館者投票期間
2018 年7 月27日(金)~ 8 月19日(日)
参加方法
どんな機材(一眼レフ、コンパクトカメラ、スマー卜フォン)で撮影したものでもOK!
応募作品は、応募者自身が録影創作したものに限ります。

応募作品は1人1点まで。
A4、四つ切、ワイド四つ切サイズのいずれかにプリン卜。
ご近所の写真庖の他、家庭用プリンタ一、コンビニプリントでもOK!

平成30年7月8日(日)必着で、飛鳥資料館へお送りください。

参加資格
不問
著作権の取扱について
・応募作品に人物の顔が大きく写る場合は、被写体の許諾を得てください。
・過去に他の写真コンテスト等で入賞・入選した作品は除きます。
・応募していただいた写真の著作権は作者に帰属しますが、無償で自由に使用する権利が奈文研に帰属します。
・応募作品は返却できませんので、ご了承ください。
・入賞作品につきましては、後日、フィルムもしくはデジタルデータの提供をお願いします。
・撮影にあたってはマナーを守り、他人に迷惑をかけないようお願いします。
主催
独立行政法人 国立文化財機構 奈良文化財研究所 飛鳥資料館
お問い合わせ先
634-0102 奈良県高市郡明日香村奥山601 飛鳥資料館写真コンテスト係
TEL 0744-54-3561
HP /www.nabunken.go.jp/asuka/

※HPでは、過去の写真コンテストの入賞作品も紹介しています。

 

いのちめぐる生命あふれるフォトコンテスト

 投稿者:いのちめぐる生命あふれるフォトコンテスト  投稿日:2018年 7月19日(木)23時48分15秒
  コンペの概要
「森林・河川・海」や「大地」の景色は四季の移ろいを表現し、
そこに育む動物や植物等豊かな自然あふれる日本は、たくさんの生き物たちが
集まる生物多様性向上の絶好の環境です。
『未来へ自然の恵みを残していこう』とする意識の向上を図れるよう、
いのちめぐる・生命あふれるフォトを募集致します


(1)最優秀作品賞
各部門 (1名) 賞状と記念品を贈呈
(2)優秀作品賞
各部門(1名) 賞状と記念品を贈呈
(3)審査員特別賞
各部門 (1名) 賞状と記念品を贈呈
※記念品は、環境省推奨「エコアクションポイント」

コンペの応募内容
【応募区分】
①子ども部門(小・中学生)
②大人部門(高校生以上)

【募集要項】
応募用紙をホームページからダウンロードし、必要事項を明記して下さい。
応募数はお一人につき一点と致します。(フォトコンテストのみ、5点まで応募可)
応募用紙に郵便番号・住所・氏名・年齢(学生の場合は学校名・学年)・電話番号をご記入ください。(クラス単位、学校単位でまとめて応募していただく場合は、学校所在地、応募担当の先生のお名前を記入してください)


①『未来へ残したい自然の恵み』を残していこうとする意識の向上を図れる写真を応募用紙と共にお送りください。
作品の題名を必ずお書き添えください。
②作品のサイズ。6P(六ッ切)プリント同等サイズかA4サイズとし、中学生以下の応募者に限り2Lのプリントを認めます。パノラマは応募できません。
③加工・合成などの処理を施した作品は応募できません。トリミング可。
家庭用プリンターで印刷した写真で応募できます。
選考時、また受賞作品の公開に際し、作品の正しい向きが分かるように応募作品の裏側に天地の表記を矢印で示して下さい(↑の方向を 上とする)。
撮影時期に制限はなく、既発表作品も可としますが、他のコンテスト入賞・入選作品とそれに類似した作品は応募できません。
これに反した場合、入賞となりましても、取り消しと致します。

コンペの応募期間
2018年05月01日(火) から 2018年07月31日(火) まで
コンペの日程
【審査】
各分野の専門家等から成る審査委員会において、選考致します。
(平成30年8月中旬頃)

【審査結果発表】
(1)受賞者への通知をもって発表とさせていただきます
(平成30年8月下旬~9月初旬頃)。
(2)入選外の方への通知は省略させていただきます。

【表彰式】
(1)「最優秀作品賞」「優秀作品賞」「審査員特別賞」の各受賞者を対象に表彰式 を行います。〔平成30年9月30日(日)〕
(2) 当日欠席される受賞者に対しては、賞状等の送付をもって表彰に    代えさせていただきます。
参加方法
作品は郵送にてお送りください。

送り先
〒403-0022 山梨県南都留郡西桂町小沼1598-1
(担当:NPO法人 地球と共に生きる会)
TEL:0555-29-2201   モバイル:080-4670-1560
宛名「FUJISAN地球フェスタWA実行委員会 省庁後援コンテスト係」

参加資格
不問
著作権の取扱について
【作品の使用等】
(1) 受賞作品や当日撮影された映像・画像については、各種パンフレット等に活用するほか、関連行事等での展示も行います。優秀作品は、FUJISAN 地球フェスタ WA ホームページや後援団体が作成する広報誌等に掲載するほか、報道機関等に資料を提供するなど、広く発表致します。
なお、この場合、作品の一部短縮等が行なわれることがあります。

(2) 発表時にご本人の紹介を致しますので、ご了承いただける方は、ご応募の際、写真の添付をお願い致します。

(3) 応募作品の著作権は主催者側に帰属するものとし、応募作品は返却致しません。
応募作品の著作権等について第三者から異議の申し立て、苦情などあった場合、主催者は一切の責を負わないものと致します。
主催
FUJISAN地球フェスタWA実行委員会
お問い合わせ先
FUJISAN地球フェスタWA実行委員会 事務局
〒403-0022
山梨県南都留郡西桂町小沼1598-1
TEL:080-4670-1560

 

神楽坂まち飛びフェスタ2018 「表紙にお絵描き」募集

 投稿者:表紙にお絵描き  投稿日:2018年 7月19日(木)23時45分51秒
  コンペの概要
神楽坂まち飛びフェスタ公式パンフレットの、表紙に使うアートワークの募集です。厳正な審査の結果、最優秀作品はその年の公式パンフレット(3万部発行予定)の表紙デザインとなり、さらにポスターやHP 等に広く掲載されます。
公式パンフレットはイベント期間前から神楽坂エリアや参加イベントの関係者によって配布されます。

グランプリ大賞(1点):神楽坂「アグネスホテル東京」宿泊ペアご招待券 1室2名様 朝食付き ※有効期限あり
バラエティ賞(約20点):神楽坂のお店からの賞品

コンペの応募内容
[テーマ] 私の好きな神楽坂

[応募条件]
サイズ:A4(横210× 縦297 ㎜)以内
表現方法:2 次元作品であれば、画材、手法は自由です。絵画、リトグラフ、写真、コラージュ、立体作品を撮影したものでも可能です。
また、作品に「神楽坂まち飛びフェスタ」の文字はいれないでください。
※掲載スペースにより作品の掲載範囲を加工・調整させていただきます。

[参加資格]
地域・年齢・性別、国籍などは一切問いません。

[発表]
公式ホームページにて8月末を予定

[審査員]
U.G. サトー(グラフィックデザイナー/審査員長)
おかめ家ゆうこ(イラストレーター)
日置圭子(まち飛びフェスタ実行委員長)
コンペの応募期間
2018年05月30日(水) から 2018年08月17日(金) まで
コンペの日程
2018年8月18日(土)
参加方法
作品にお名前・性別・年齢・電話番号・ご住所を明記の上、下記送付先まで、封書にて郵送ください。
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6 丁目22 ROUGE 神楽坂2F モルスハルス内
神楽坂まち飛びフェスタ「表紙にお絵描き」係

参加資格
不問
著作権の取扱について
● 採用作品は採用決定からまち飛びフェスタ開催期間および2018年末まで、実行委員会が無償で独占的に使用できるものとします。実行委員会への作品の著作権移譲はありません。
● 採用作品以外の入賞作品は、本コンテストの広報活動として、新聞、雑誌、テレビ、ホームページなどで使用することがあります。
● 応募者の個人情報の利用は本コンテストと今後の応募のご案内などの範囲とし、管理を慎重にいたします。
● 応募作品は原則として返却致しません。
主催
神楽坂まち飛びフェスタ実行委員会
お問い合わせ先
koubo@machitobi.net

 

ペット写真コンテスト

 投稿者:ペット写真コンテスト  投稿日:2018年 7月19日(木)23時45分10秒
  コンペの概要
あなたの自慢のペット写真を投稿してください(無料)
テーマ
うちの子自慢写真コンテスト
応募者情報
応募者情報の内、下記の項目のみ公開されます。
ニックネーム、写真、写真のエピソード。
その他の個人情報は非公開です。
応募形態
パソコン、スマートフォンからご応募いただけます。
必ず応募規約をご確認のうえ、ご応募ください。
作品はホームページ上に随時掲載いたします。
写真サイズ・形式
画像のファイル形式  ・・・JPEGのみ
最大画像ファイルサイズ・・・5MBまで
2000万画素以内

最優秀賞
募集要項
コンペの応募内容
応募者情報
応募者情報の内、下記の項目のみ公開されます。
ニックネーム、写真、写真のエピソード。
その他の個人情報は非公開です。

応募形態
パソコン、スマートフォンからご応募いただけます。
必ず応募規約をご確認のうえ、ご応募ください。
作品はホームページ上に随時掲載いたします。
写真サイズ・形式
画像のファイル形式  ・・・JPEGのみ
最大画像ファイルサイズ・・・5MBまで
2000万画素以内
コンペの応募期間
2018年05月15日(火) から 2018年08月31日(金) まで
コンペの日程
8月31日まで
参加方法
PC・スマホ(無料)

参加資格
不問
著作権の取扱について
応募いただいた写真は、随時当コンテストサイトに掲載して紹介します。
応募回数・点数に制限はありません。お一人様、何点でも応募できます。
応募作品の著作権は作者にありますが、使用権は主催者が有し、主催者と協力・後援・協賛社は観光・広報宣伝・プロモーション・展示等の目的で、新聞、雑誌、インターネット、などの他、各種印刷物、写真展など、無償で使用させていただく場合があります。。
主催
うちの子自慢写真コンテスト実行委員会
お問い合わせ先
HPお問い合わせから

 

2018 年台湾国際学生デザインコンペティション

 投稿者:証明写真の思い出  投稿日:2018年 7月19日(木)23時43分17秒
  コンペの概要
今年のコンペテーマである「Breakthrough and Innovation」を伝達できるクリエイティブデザイン。
【趣旨】
Breakthrough and Innovation
ブレークスルーによるイノベーションの喜び
【コンペ特色】
? 全世界の学生デザインコンペの賞金総額は、台湾ドル530万元に達します。
?世界最大規模の国際学生デザインコンペです。
?世界21ヶ国の国際デザイン組織が承認した賞を設置しています。
?参加費及び展示費無料
【部門】
(1)プロダクトデザイン部門
(2)ビジュアルデザイン部門
(3)デジタルアニメーション部門
(4)サービス設計類

最高賞金
40 万円
プロダクトデザイン部門・ビジュアルデザイン部門・デジタルアニメーション部門
年度大賞(1名):賞金台湾ドル40万元、およびトロフィー一個、賞状一枚
金賞(各部門1名ずつ):賞金台湾ドル25万元、およびトロフィー一個、賞状一枚
銀賞(各部門1名ずつ):賞金台湾ドル15万元、およびトロフィー一個、賞状一枚
銅賞(各部門3名ずつ):賞金台湾ドル6万元、およびトロフィー一個、賞状一枚
佳作(各部門若干名):賞金台湾ドル1万元、および賞状一枚
国際デザイン組織特別賞(若干名):
賞金台湾ドル10万元、およびトロフィー一個、賞状一枚

サービス設計類(財団法人看見台湾基金会賛助)
金賞(1名):賞金台湾ドル25万元、およびトロフィー一個、賞状一枚
銀賞(2名):賞金台湾ドル15万元、およびトロフィー一個、賞状一枚
銅賞(4名):賞金台湾ドル6万元、およびトロフィー一個、賞状一枚
佳賞(若干名):賞金台湾ドル1万元、および賞状一枚

募集要項
コンペの応募期間
2018年05月15日(火) から 2018年07月16日(月) まで
コンペの日程
ホームページでの登録と作品データのアップロードの締切り:2018年5月15日から7月16日、台北時間24:00(GMT+08:00)まで
一次審査:2018年9月中旬
一次審査の結果発表と二次審査の作品提出通知:2018年9月中旬
二次審査の作品提出締切り:詳しい情報は一次審査の結果発表と同時に公表
二次審査:2018年10月中旬
表彰式と受賞作品の展示会:2018年11月下旬
参加方法
※全ての応募作品は返却いたしません。
※個人、または団体での応募両方とも可能です。応募件数の上限はありません。
※同一作品で複数の部門への応募はできません。
※作品は参加者により作成された独創性のあるオリジンナル作品である必要があります。
※全てのコンセプト、文字、絵、フォーマット、写真、映像、音声、音楽、アニメーション等の内容及び使用するプログラムは盗作、剽窃等、第三者の知的財産権や著作権への侵害をしてはなりません。

【プロダクトデザイン部門】
公式サイトに従い、データを作ってください。作品番号に沿ってアップロードしてください。
*一つの作品は最高3枚まで画像をアープロード可能です。各ファイルは1MBまで。ファイル形式:A3/300dpi/JPG
【ビジュアルデザイン部門】
公式サイトに従い、データを作ってください。作品番号に沿ってアップロードしてください。
*作品は1枚の画像、もしくはシリーズの画像でも構いません。シリーズの画像数は3枚以下です。各ファイルは1MBまで。
画像形式:A3/300dpi/JPG
【デジタルアニメーション部門】
30秒から60秒までのプロモーションビデオ作品と、10分以下の完全版動画作品をアップロードしてください。
*プロモーションビデオは100MBまで。
データ形式:MOV/MP4。10分以下の完全版動画は800MB以下。
データ形式:MOV/MP4
なお、作品の宣伝ポスター1枚をアップロードしてください。1MBまで。形式:A3/300dpi/JPG
【サービス設計類】
公式サイトに従い、データを作ってください。作品番号に沿ってアップロードしてください。
*一つの作品は最高3枚まで画像をアップロード可能です。各ファイルは1MBまで。ファイル形式:A3/300dpi/JPG

参加資格
国内外高校以上の学校に在籍する学生に限ります。 (ホームページに記されている応募期限に準じて、西暦1988年5月12日以降生まれ、30歳未満の方に限ります。女性申請者が応募期限に準じて、30歳前に出産したことがある場合、子一人につき2年の延長が可能です。) * 新卒(2018年6月卒)及び新入生(2018年9月入学)も応募できます。
著作権の取扱について
受賞者について
1.公開報道及び展示を行うため、受賞作品の詳細情報を提供していただきます。
2.受賞が公表された三年以内、受賞者及び受賞作品は教育部主催の関連展示活動、及び宣伝活動に協力していただきます。また教育部の確認に備え、作品の原稿データ及び資料を保存してください。
3.規定により、獲得奨金に掛かる税金を支払う必要があります。
4 教育、研究及び公共サービス用の公開上映や放送、ネットでの閲覧の為に、受賞作品についての権利は無償、非専属性に教育部(及び主催者)に権利を譲渡していただきます。教育部(及び主催者)が受賞作品の画像および説明文などの資料を利用し、映像ビデオとデジタルファイルを作成します。なお、教育研究のため教育部は作品の再製権利を持ちます。本権利の譲渡は著作者の著作権及び著作隣接権に影響しません。その他の専属制権利を譲渡できます。
5.受賞作品の商品化及びプロモーション行為は、本コンペのイメージやコンセプトに反することを禁じます。
6.サービス設計類の作品に対し、財団法人看見台湾基金会は、使用、生産、製造、出版またはその他の行為に及ぶ権利を有します。
主催
2018 年台湾国際学生デザインコンペティション 事務局
お問い合わせ先
tisdc.tw@gmail.com

 

「証明写真の思い出」エッセイ募集!賞金5万円あたる

 投稿者:証明写真の思い出  投稿日:2018年 7月19日(木)23時40分2秒
  コンペの概要
「証明写真の思い出」「証明写真にまつわる思い出」を募集しています。
証明写真は、受験、就職には必ず必要です。またパスポート、運転免許書等、各種証明に写真は使われています。
1枚の証明写真で人生が変わることもあるでしょう。また、うれしい思い出、思いがけない出来事等、
証明写真に関する皆様のさまざまな思いをテーマに、自由な作文、エッセイを募集します。
どこで、どんなふうに撮影した証明写真かは問いません。
1枚の写真を題材に、その写真の持つ物語や思い出などを文章にしてみましょう。
当店以外で撮影した「証明写真の思い出」も歓迎しております。
皆様の力作を、お待ちしております。

コンペの応募内容
主催 株式会社 写真のたなかや

応募資格    不問

テーマ    「証明写真」についての思い、思い出

文字数    1000文字程度

記入必要事項  氏名、年齢、住所、電話番号

応募方法  (1)下記の宛先に郵送又はFAX

(2)当社ホームページへEメールによる投稿

あて先    株式会社 写真のたなかや

〒213-0001

神奈川県川崎市高津区溝口4-6-28

FAX044-811-9872

e-mail info@photo-tanakaya.co.jp

応募締め切り 平成30年6月30日

入賞規定   推薦1名 特選2名 入賞5名 佳作10名

賞金     推薦5万円 特選3万円 入賞1万円 佳作5千円

発表     平成30年8月中旬



photo-tanakaya.co.jp/info/shoumei-omoide/
コンペの応募期間
2018年05月21日(月) から 2018年06月30日(土) まで
コンペの日程
2018年5月21日から6月30日まで
参加方法
応募方法  (1)下記の宛先に郵送又はFAX

(2)当社ホームページへEメールによる投稿

あて先    株式会社 写真のたなかや

〒213-0001

神奈川県川崎市高津区溝口4-6-28

FAX044-811-9872

e-mail info@photo-tanakaya.co.jp
 

2019年 カレンダー 富士山フォトコンテスト

 投稿者:カレンダー  投稿日:2018年 7月19日(木)23時37分27秒
  コンペの概要
 株式会社 静岡中央銀行(社長 清野眞司 以下「当行」)では、昭和33年以来、富士山の風景写真を使用したカレンダーを毎年発行しており、お客さまからご好評をいただいております。
 当行では、“ふじのくに”静岡の魅力を県内外に紹介し、地域経済活性化を目的として、平成31年(2019年)のカレンダーに使用する富士山の写真を募集するフォトコンテストを以下の内容で実施いたします。なお、本コンテストは、今回で8回目の開催となります。
 当行では、今後とも、地域社会の発展に貢献する取り組みを推進してまいります。

コンペの応募内容
静岡県内で撮影された富士山の写真。
※作品は四つ切り、ワイド四つ切り、A4サイズのいずれかでプリントしたもの
※カラー写真で、横位置のもの
※2017年(平成29年)1月1日以降撮影されたもの
コンペの応募期間
2018年07月31日(火) まで
コンペの日程

参加方法
チラシ裏面またはホームページの応募票に必要事項を記入し、応募作品の裏面に貼り付けて郵送。
※応募点数はお一人さま5点まで
■応募先:〒410-0892 静岡県沼津市魚町1 サンフロント5階
静岡新聞社東部総局業務部内 「富士山フォトコンテスト」事務局

参加資格
不問
著作権の取扱について
静岡中央銀行および静岡新聞社・静岡放送は、入賞作品を無償で使用する権利を有する
主催
静岡中央銀行
お問い合わせ先
055-962-6520 (受付時間/平日9:00~17:00)

 

第4回 菱川賞

 投稿者:菱川賞  投稿日:2018年 7月19日(木)23時33分27秒
  コンペの概要
菱川賞は、浮世絵の創始者とされる菱川師宣にちなんだ公募展で、今年の第4回より写真部門が新設されます。
日本画、洋画、水彩画、版画、パステル画、写真などの平面作品を公募。
■スケジュール概要
賞:菱川賞1点、次賞1点、審査員賞、美幌博物館賞、優秀作家賞、奨励賞など合計100点(受賞作品100作品を展示)

菱川賞1点、次賞1点、審査員賞、美幌博物館賞、優秀作家賞、奨励賞 など合計100点(受賞作品100作品を展示)

コンペの応募内容
■チラシと出品規定・出品用紙のダウンロード
www.jinakino.com/hishikawa/hishikawa2018.pdf

■写真部門応募規定

応募サイズ:A4または四ツ切(ワイド四ツ切、大四ツ切不可)
出品料:4,000円(1人2点まで/組写真不可)
本人撮影で未発表の作品
プリント写真で応募
(カラー・モノクロ可/銀塩・インクジェット可/修正・加工可、写真は周辺に4ミリ程度の縁をつけてプリント)

コンペの応募期間
2018年06月01日(金) から 2018年07月21日(土) まで
コンペの日程
応募:6月1日(金)~7月21(土)
発表:8月5日(日)
受賞・入賞作品の展示会期:9月1日(土)~9日(日)/ 授賞式:9月1日(土)
会場:日展新会館(台東区上野桜木)

参加資格
不問
著作権の取扱について
著作権は製作者に帰属します。但し、菱川賞の広報に使用されることがあります。
主催
菱川賞事務局
お問い合わせ先
菱川賞事務局
〒152-0032 東京都目黒区平町1-5-2-102
TEL:090-6509-3404(09:00-15:00)
E-mail:hishikawa.p@ozzio.jp


 

センシティオープン25周年記念フォトコンテスト

 投稿者:センシティオープン25周年記念フォトコンテスト  投稿日:2018年 7月19日(木)23時32分47秒
  コンペの概要


最優秀賞 1点 セブン&アイ共通商品券 3万円分 2019年センシティオリジナルカレンダー
優秀賞(5点) セブン&アイ共通商品券1万円分 2019年センシティオリジナルカレンダー
入選 2019年センシティオリジナルカレンダー ※最優秀作品および優秀作品は2019年センシティオリジナルカレンダーに採用 募集内容

コンペの応募内容
センシティタワーおよび、そごう千葉店の外観を撮影したカラー写真.。
※センシティタワーが写っていることが必須で、そごう千葉店も写っていることが望ましい。
※応募者本人が、今年撮影した未発表作品で、容易に特定できる人物が写っていない作品
コンペの応募期間
2018年08月15日(水) まで
コンペの日程

参加方法
本文に必要事項を記入の上、メールの件名を「フォトコン」とし、作品データを添付して送付。
※応募は一人5点まで
※jpegファイル

参加資格
不問
著作権の取扱について
作品の著作権は応募者本人に帰属
主催
株式会社千葉センシティ
お問い合わせ先
株式会社千葉センシティ・センシティオープン25周年記念イベント事務局
電話: 043-248-5588
メール : photocon@sencity.co.jp

 

コメリドットコム第21回ガーデニングコンテスト

 投稿者:コメリドットコム第21回  投稿日:2018年 7月19日(木)23時32分13秒
  コンペの概要
★ホームセンターのコメリドットコムが今年もガーデニングコンテストを開催!
応募作品を大募集中です。
パソコン・スマホからの応募はもちろん、コンテスト事務局への直接郵送、全国のコメリ各店舗での応募受付も可能です。
参加賞として、もれなく皆様にお花の種をプレゼント&コメリのポイントもプレゼントいたします!
入賞者にはコメリギフトカード3万円分をはじめ、豪華賞品をご用意しております。
もし入賞されなかった場合でも、ギフトカード1,000円分が当たるチャンスも!
いろいろもらえるチャンスがある、うれしいコンテストとなっております♪

最高賞金
3 万円
総合グランプリ  ×1名 コメリギフトカード3万円分+トロフィー+賞状
各部門グランプリ ×4名 コメリギフトカード1万円分+トロフィー+賞状
審査員賞     ×16名 ご協賛商品から1つランダムでプレゼント+賞状
参加賞      …応募者全員

募集要項
コンペの応募内容
ご自分またはご家族の方が育てているガーデニングの写真を撮ってご応募ください。

例えば、エアープランツや多肉植物の寄せ植え1鉢から、
お部屋のインテリアになっている観葉植物、
玄関の横の小さな花壇や毎日時間をかけて育てているバラのお庭まで!

4つの部門がありますので、ガーデニングの大きさはどんなものでもご応募いただけます。
コンペの応募期間
2018年04月06日(金) から 2018年08月15日(水) まで
コンペの日程
9月12日(水)からコンテストページにて
全応募作品の公開とコメント投票を実施いたします!

11月21日(水)審査結果発表
参加方法
①ネット…パソコン・スマホでコメリドットコム専用応募フォームから
②郵送…コンテスト事務局へ応募用紙と写真を直接郵送
③店舗から…全国1000店舗を超えるコメリ店舗のカウンターにて、応募用紙と写真を持ち込み
※応募用紙はコメリ店舗またはコンテストページから印刷ができます

参加資格
どなたでもご応募お待ちしております。初心者大歓迎!
著作権の取扱について
●ご応募いただいた写真及び応募用紙は返却できません。事前にネガフィルムや画像データまたは応募用紙の場合はコピーの保管をしていただくようお願いいたします。
●ご応募いただいた写真及びコメントの著作権は、掲載の可否を問わず、当社株式会社コメリに帰属します。Web・出版刊行物・その他媒体等に使用する場合があります。そのため必要に応じて当社にて修正・加工・編集する場合があります。
主催
コメリドットコム
お問い合わせ先
〒950-1492 新潟県新潟市南区清水4501-1
TEL.025-371-4159

 

第2回愛川レッドカーペット

 投稿者:第2回愛川レッドカーペット  投稿日:2018年 7月19日(木)23時31分18秒
  コンペの概要
ムービー/フォトコンテスト愛川レッドカーペットは、愛川町のシティセールス事業の一環として、これまでとは一味違う、町の魅力を発掘していくことを目的に、愛川町をロケ地とした動画や、愛川町で撮影した写真作品を募集し、優秀作品を選定することで、広くパブリシティ活動を展開するものです。
まだ見ぬ無名クリエイターに愛川町の魅力を発見していただくことで、「愛川町」と「クリエイター」を国内外に広く周知していくことを目的としています。
昨年度第1回を動画コンテストとして開催し、好評につき、フォト部門を新設して、2回目のコンテストを開催中です。

最高賞金
10 万円
①ムービー部門
最優秀賞1点賞金10万円 優秀賞1点賞金5万円

②フォト部門
最優秀賞1点賞金5万円、優秀賞5点賞金1万円(総額5万円)

コンペの応募内容
【募集内容】
◎ムービー部門と新設したフォト部門の2部門で作品を募集します

①ムービー部門
◆テーマは「愛」
◆アナタしか撮れないアナタならではの愛をこれでもかというほど感じさせる「愛」の動画作品を!撮影条件は、公式サイト内のマップに掲げた愛川町中のさまざまなロケ地の中から少なくとも1箇所で撮影したものであること(ロケ地に関わる許認可等の注意事項がありますのでロケハン前に必ず運営事務局へお問い合わせください。)ですが、「愛川町のPR動画」を求めてはおりません。
◆審査のポイントはただひとつ!それは「あなたの思う愛のカタチ」。愛川町でステキな愛を表現してください。
◆制限時間:5分以内(5分以内であれば、5秒でも5分でも可能です。)

②フォト部門
◆願いはヒトツ!愛川町の魅力を切り取ったフォトジェニックな写真で、愛川町を好きになっていただく作品を、皆様からたくさんご応募いただいて、愛川町を好きになっていただくこと。このフォトが愛川町を人気者にする!そんな作品を絶賛募集中です!
◆テーマ
応募期間を3期に分け、それぞれに応募テーマを設定いたします。応募に際しては、必ず応募テーマに#(ハッシュタグ)をつけてご応募ください。
・第1期(5月1日(火曜日)~6月30日(土曜日)) テーマ #愛川町は水の町
・第2期(7月1日(日曜日)~8月31日(金曜日)) テーマ #愛川町の夏休み
・第3期(9月1日(土曜日)~9月28日(金曜日)) テーマ #行こっか愛川町
コンペの応募期間
2018年05月01日(火) から 2018年09月28日(金) まで
コンペの日程
応募期間:   2018年5月1日(火)~9月28日(金)必着
        ※フォト部門は、テーマごとに応募期間を3期に分けます。(コンペの応募内容参照)
審査      :2018年10月~11月(予定)
優秀作品発表会 :2018年12月(予定)
参加方法
①ムービー部門
作品をYouTubeにアップののち、公式サイトまたは下記に掲げた応募用紙を運営事務局に提出すること。
・受賞作品については、動画データファイルのご提出をいただきます。

②フォト部門
投稿を希望するSNSアカウントから、愛川町が開設した専用アカウント等(Facebook, Twitter, Instagram)のフォローをしてください。複数SNSへのエントリー並びにテーマ選択に制限はありません。応募方法の詳細は次のとおりです。
1. Facebook
町が開設したグループ「愛川レッドカーペット【フォト部門】」に参加リクエストをしていただき、事務局が承認した後、記載事項をご記入の上、作品の投稿を行ってください。
2. Twitter
町が開設した専用アカウント@aikawaredcarpetをフォローしたアカウントから、記載事項をご記入の上、作品のツイートを行ってください。非公開(鍵付)アカウントからは応募できません。
3. Instagram
町が開設した専用アカウント@aikawaredcarpetをフォローしたアカウントで、記載事項をご記入いただき、作品のシェアを行ってください。非公開(鍵付)のアカウントからは応募できません。
<記載事項>
1. 作品タイトル(必須)
2. 撮影地(必須)
3. 作品のねらい
4. 指定ハッシュタグ 2種類(必須) #愛川レッドカーペット # (応募テーマのハッシュタグ)
・受賞作品については、画像データファイルのご提出をいただきます。
参加資格
・年齢、プロ・アマを問わず、応募点数についての制限はありません。応募時点で他のコンテスト等に応募していない作品であること。ムービー部門については、愛川町で撮影した素材を使用した、オリジナル作品であること。フォト部門については、愛川町で撮影したオリジナル静止画像であり、適度なレタッチを施した程度の作品については応募可といたしますが、多重合成等過度な画像処理を施した作品は不可とさせていただきます。

著作権の取扱について
応募された作品の著作権は制作者に帰属するものとしますが、愛川町は町をPRする目的の範囲において、無償で自由に使用できるものとします。
主催
神奈川県愛川町
注意事項
・ムービー部門については、応募作品に既成の映像や音楽を使用する際は必ず著作権者の許諾を得てから応募ください。
・参加者は、著作権、肖像権、その他知的財産権について第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとし、権利侵害があった場合には、愛川町は一切責任を負いません。
・参加者の行為により第三者が被った損害については、当事者同士で解決するものとします。
・法令等に違反すると認められる行為を禁止します。
・愛川町は参加者が受けた損害について、賠償等は一切行いません。
・審査内容に関するお問い合わせ及び審査結果に対する異議申し立て等についてはお受けいたしかねます。
・応募作品は結果発表時点まで投稿したYOU TUBE、SNS等から削除しないようお願いいたします。運営事務局により作品の確認を行えなくなったなどの場合には、当該作品を審査対象から除外します。予めご承知置きください。
審査について
①ムービー部門
「愛川レッドカーペット」運営事務局並びに以下の特別審査員が行う。
特別審査員:山本憲司氏(CMディレクター)
※応募作品は公式サイト内に掲出し、その再生回数や評価も審査の参考にする。

②フォト部門
応募はSNSを通して行っていただくことから、審査に際しては、いいね!など閲覧者から寄せられたエンゲージメントの高さ等も参考に、「愛川レッドカーペット運営事務局」が審査・選定を行います。
お問い合わせ先
お問い合わせ先〒243-0392 神奈川県愛甲郡愛川町角田251-1 愛川町役場 総務部総務課広報・シティセールス班内
「愛川レッドカーペット」運営事務局 ℡046-285-2111 koho@town.aikawa.kanagawa.jp
 

第14回アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」

 投稿者:はたらくすがた  投稿日:2018年 7月19日(木)23時30分40秒
  コンペの概要
株式会社アイデムは、小学生・中学生・高校生を対象とした写真コンテスト「はたらくすがた」を開催し、「身の回りで働く大人の姿」をテーマとした写真作品を9月12日(水)まで募集します。
写真コンテスト「はたらくすがた」は子どもたちが働くことについて考える機会づくりを目的としています。当社では、当コンテストを社会文化活動の一環として2005年から実施しており、求人広告や人材紹介の事業を展開する企業として、働くことの素晴らしさ、大切さを次の世代を担う子供たちに伝えるため、この取り組みを進めています。昨年は全国から7,650点の作品が集まりました。
◆撮影過程で働くことの大切さを感じてもらう
「はたらくすがた」は小学生・中学生・高校生を対象とした、大人が働いている姿を捉えた写真を応募するコンテストです。写真撮影では、シャッターチャンスを狙って被写体に真剣に向き合います。その過程で目にする働く人の真剣な眼差しや仕事に向き合う姿勢などによって、職業観や勤労観の一端を学んでもらうことを主眼としています。
◆「キャリア教育」の一環として採用する学校も
第1回から昨年第13回までに応募いただいた作品数は約63,000点。学校単位での参加も多く、「キャリア教育」の一環として夏休みの宿題の中で取り組む学校や、「情報教育」として総合学習の時間の中でプレゼンテーションをするケースもみられます。
◆グランプリや準グランプリほか、計48作品を入賞作品として選定
選考委員は写真家の田沼武能氏、絵本・構成作家のわだことみ氏に加え、本年から新たに迎える朝日小学生新聞 編集長の別府薫氏の計3名が務め、全応募作品の中から「グランプリ」「準グランプリ」を小・中・高校の各部門から1点、学校単位での取り組みを評価する団体奨励賞ほか、特別賞、優秀賞、佳作など合計48作品を入賞作品として選出します。10月上旬に最終選考、11月中旬に入賞発表を行った後、11月23日(金・祝)には受賞者と選考委員が一堂に会す授賞式も予定しています。

【グランプリ】各部門から1点 賞状・副賞(図書カード5万円分)

【準グランプリ】各部門から1点 賞状・副賞(図書カード2万円分)

【団体奨励賞】小学校・中学校・  高等学校から1校ずつ 賞状・副賞(3万円相当の商品券)

【富士フイルム特別賞】 小学生部門から1点 賞状・副賞(富士フイルム社製カメラ)

【エプソン特別賞】中学生部門から1点 賞状・副賞(カラリオ ミー PF-71)

【高等学校文化連盟全国写真専門部賞】高校生部門から1点 賞状・副賞(三脚)

【アイデムGood Job賞】全部門から3点 賞状・副賞(電子書籍リーダー)

※その他、優秀賞・佳作、応募者全員に参加賞あり
コンペの応募内容
【コンテスト名】第14回 アイデム写真コンテスト「はたらくすがた」

【写真のテーマ】身の回りで働く大人の姿(被写体となる方の撮影許可が必要です)

【応募資格】小学生・中学生・高校生(3部門制)

【応募規定】専用応募用紙に氏名・性別・年齢・住所・電話番号・学校名・学年・応募区分・作品の説明等を記入の上、L判サイズにプリントした写真を貼付して応募(フィルムカメラ・デジタルカメラいずれも可)

※1年以内に応募者が撮影した未発表写真
※応募用紙は問い合わせ、または当社ホームページからダウンロード
※高校生部門のみWEB経由での応募が可能

【選考委員】
選考委員長 田沼武能 氏(写真家)
委員 わだことみ 氏(絵本・構成作家) / 別府薫 氏(朝日小学生新聞 編集長)

【入賞発表】2018年11月中旬

【入賞作品展】2018年11月22日(木)~12月5日(水) アイデムフォトギャラリー「シリウス」にて(新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F  東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」徒歩2分)

【表彰式】2018年11月23日(金・祝) 都内ホテル(予定)

【協賛】富士フイルムイメージングシステムズ株式会社・エプソン販売株式会社

【後援】朝日小学生新聞・朝日中高生新聞・高等学校文化連盟全国写真専門部

【応募先】〒160-0022 東京都新宿区新宿1-4-10  アイデム写真コンテスト事務局 宛
コンペの応募期間
2018年05月10日(木) から 2018年09月12日(水) まで
コンペの日程
【応募締め切り】2018年9月12日(水) 当日消印有効

参加資格
小学生・中学生・高校生(3部門制)
著作権の取扱について
入賞作品の著作権は撮影した方に帰属します。ただし、発表後2年間は主催者(株式会社アイデム)が優先的に使用します。
主催
株式会社アイデム
お問い合わせ先
【お問い合わせ】株式会社アイデム 写真コンテスト事務局 TEL/0120-938-989 (受付時間/平日10:00~17:00)


 

「都美セレクション グループ展 2019」公募について

 投稿者:公募について  投稿日:2018年 7月19日(木)23時29分54秒
  コンペの概要
2019年6~7月に開催するグループ展を公募します。
応募締切:2018年7月10日(火)[当日消印有効]
東京都美術館は、毎年、国内外の名品を紹介する特別展のほか、年間200を超える公募団体による公募展を開催し、約200万人以上の幅広い世代の来館者が訪れています。
「都美セレクション グループ展」は、当館の展示空間だからこそ実現可能な、新しい発想による作品の作り手3名以上を含むグループの展覧会企画を公募し、開催するものです。東京都美術館という場所の意味や、会場となる三つのギャラリー空間を活かした、従来の発想にとらわれない展覧会企画のご応募をお待ちしています。

(1) 施設使用料の免除
(2) ギャラリー利用時の仮設壁設営
(3) 広報活動の一部支援
(4) 当館学芸員による展示へのアドバイス
(5) 全グループ展共通のリーフレットおよび記録集の作成

コンペの応募内容
募集内容東京都美術館ギャラリーで実施する、出品作家3名以上を含むグループによる展覧会企画を募集します
展覧会開催日程2019年6月から7月の4週間程度(搬入出・展示・撤去作業の日程を含む)
会場ギャラリーA・B・Cのいずれか
募集数3グループ程度
応募資格
下記のすべてに該当するグループ
(1)出品作家3名以上を含むグループであること
(キュレーター、デザイナー、マネージャー等、出品作家以外に運営を補助するメンバーを加えることも可とする。ただしその場合でも、出品作家は必ず3名以上であること)
(2)応募者および出品作家の年齢が18歳以上であること
(3)出品作家がこれまでに展覧会(グループ展などを含む)を1回以上開催したことがあること
(4)応募者を責任者とし、展覧会の開催・実施から撤去に至るまで責任を持って遂行できること

審査委員[順不同・敬称略] 大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長)
大橋修一(埼玉大学名誉教授)
野地耕一郎(泉屋博古館分館長)
山村仁志(東京都美術館学芸担当課長)
コンペの応募期間
2018年04月02日(月) から 2018年07月10日(火) まで
コンペの日程
応募締切:2018年7月10日(火)[当日消印有効]
一次審査(書類審査)結果は2018年8月上旬に応募者に個別に連絡
二次審査(審査委員へのプレゼンテーション、質疑応答)9月上旬に当館内で実施
最終結果:2018年9月に二次審査対象者へ個別連絡し、当館ウェブサイトにて発表
参加方法
当館ウェブサイト(www.tobikan.jp/information/20180402_1.html)
より、応募書類一式をダウンロードし、以下の提出書類を、東京都美術館 「グループ展 2019」担当 宛てに書留郵便にて郵送してください。
応募締切日:2018 年7 月10 日(火)(当日消印有効)

参加資格
下記のすべてに該当するグループ (1) 出品作家3 名以上を含むグループであること (キュレーター、デザイナー、マネージャー等、出品作家以外に運営を補助するメンバーを加えること も可とする。ただしその場合でも、出品作家は必ず3 名以上であること) (2) 応募者および出品作家の年齢が18 歳以上であること (3) 出品作家がこれまでに展覧会(グループ展などを含む)を1 回以上開催したことがあること (4) 応募者を責任者とし、展覧会の開催・実施から撤去に至るまで責任を持って遂行できること
著作権の取扱について
・作品の著作権は作家に帰属します。ただし、広報用に展覧会実施グループが館に貸出す出品作品等の画
像および館が撮影する展示記録画像や動画は、館の出版物や印刷物、ウェブサイト、広報、本展の関連制作
物等へ利用します。
・作品や関連イベント等に使用する音楽や写真など、他者の著作物、肖像については、応募者が使用許諾
等の権利処理を事前に行ってください。著作権等について第三者から異議申し立て、苦情などがあった場合、
当館は一切責任を負いません。
主催
東京都美術館
お問い合わせ先
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
東京都美術館「都美セレクション グループ展 2019」担当
03-3823-6921

 

第3回 かながわ“農”のある風景写真コンクール

 投稿者:かながわ“農”のある風景  投稿日:2018年 7月19日(木)23時28分38秒
  コンペの概要


最高賞金
5 万円
最優秀賞 1点 (賞金5万円、および副賞として神奈川県内農畜産物)
優秀賞 11点 (賞金1万円、および副賞として神奈川県内農畜産物)
入選 数点 (副賞として神奈川県内農畜産物)
※最優秀賞と優秀賞の計12作品は、JAグループ神奈川2019年カレンダーに掲載

コンペの応募内容
”農”に関する未発表の写真。
■テーマ:神奈川県内の“農”のある風景
※神奈川県内で2015年9月~2018年8月までに撮影した作品
※応募者本人が撮影し、著作権を有する作品に限る
※類似作品を含め、他コンテストとの二重応募は不可
※被写体に人物を入れた場合は、カレンダー等への利用について、承諾を得ること
※A4判サイズ(ヨコ位置・天地210×左右297mm)の印画紙または写真用紙にプリントしたもの。トリミング可(合成不可)
コンペの応募期間
2018年08月31日(金) まで
コンペの日程

参加方法
作品1点ごと裏面に、必要事項を記載したものを貼り付け郵送。

参加資格
不問
著作権の取扱について
応募作品の著作権は本人に帰属、使用権はJA神奈川県中央会および神奈川新聞社に帰属
主催
JA神奈川県中央会、神奈川新聞社
お問い合わせ先
〒231-8445(住所不要)
神奈川新聞社クロスメディア営業局内 「“農”のある風景写真コンクール応募係」 宛て
電話: 045-227-0798(平日9:30~16:30)

 

第16回 雷写真コンテスト

 投稿者:雷写真コンテスト  投稿日:2018年 7月19日(木)23時28分0秒
  コンペの概要


最高賞金
100 万円
グランプリ 1点 賞金100万円
金賞 1点 賞金50万円
銀賞 1点 賞金30万円
銅賞 3点 賞金10万円
佳作 10点 賞金3万円
※雷現象の解明、説明、あるいは雷防護の考え方の普及に有用な作品については学術賞という賞を設けております。

コンペの応募内容
未発表の雷の写真。
■テーマ:雷が写った写真
※肖像権、著作権等応募作品の権利・義務に関する処理は、全て整理した上で応募ください。
※白黒写真、カラー写真は不問。
※詳細は主催者ホームページ参照
コンペの応募期間
2018年10月15日(月) まで
コンペの日程

参加方法
応募用紙に必要事項を記入の上、作品の裏面に貼り付けて郵送。
※1点ずつ透明のビニール袋に入れて送付。
※印画紙サイズは四つ切、あるいはA4版のプリントで提出。
※応募点数は問いませんが、同一箇所に関しては3点以内

参加資格
写真を撮影されたご本人とします。
著作権の取扱について
入賞作品の著作権等の全ての権利を当社に譲渡して頂きます。
主催
音羽電機工業株式会社
審査委員
東京大学 名誉教授、同大学院工学系研究科 先端電力エネルギー・環境技術教育研究センター 特任上席研究員 工学博士 石井 勝氏
静岡大学 大学院総合科学技術研究科 工学専攻 客員教授 工学博士 横山 茂氏
特定非営利活動法人産学連携推進機構 理事長 妹尾 堅一郎氏
デザイナー 喜多 俊之氏
音羽電機工業株式会社 取締役社長 吉田 修
お問い合わせ先
音羽電機工業株式会社 雷写真コンテスト事務局宛
〒661-0976 兵庫県尼崎市潮江5丁目6-20
Tel. 06-6429-3591
E-mail. kaminari@otowadenki.co.jp

 

第3回 いなべ市観光写真コンテスト

 投稿者:いなべ市観光写真コンテスト  投稿日:2018年 7月19日(木)23時27分14秒
  コンペの概要


最高賞金
3 万円
三重県知事賞 賞状・賞金 30,000円
いなべ市長賞 賞状・賞金 10,000円
いなべ観光協会長賞 賞状・賞金 10,000円
いなべ教育長賞 賞状・賞金 10,000円
いなべ市芸術文化協会賞 賞状・賞金 10,000円
中日新聞社賞 賞状・賞金 10,000円
三岐鉄道賞 賞状・賞金 10,000円
入選 賞状・賞金 5,000円 5名
佳作 賞状・賞金 2,000円 5名

コンペの応募内容
いなべ市内の自然風景、伝統文化、祭り・イベント、食、鉄道などいなべ市の観光地としての魅力を最大限に伝えることができる写真。
※平成29年12月11日以降にいなべ市で撮影された未発表作品に限る。(組み写真は不可)
※A4又は四つ切・ワイド四つ切プリント。(カラー・モノクロ可、インクジェットプリント可)
※デジタルカメラで撮影した物は未加工に限る。
※応募作品は、応募者本人が撮影した物に限る。
※肖像権等を含む著作権に関しては、応募者が権利者の承諾を得て下さい
コンペの応募期間
2018年12月10日(月) まで
コンペの日程

参加方法
作品1点につき必要事項を記入した応募用紙を応募作品の裏に貼付して郵送。
※一人5点まで応募可。

参加資格
不問
著作権の取扱について
入賞作品の著作権、所有権、使用権は主催者に帰属し、プリント展示、出版物、宣伝広告、雑誌、インターネット、SNS、ブログなどへ無償で使用させていただきます。
主催
一般社団法人 いなべ市観光協会
お問い合わせ先
〒511-0592 三重県いなべ市藤原町市場115番地
いなべ市役所藤原庁舎2階(直接の持込み可)
一般社団法人いなべ市観光協会 いなべ市観光フォトコンテスト係
TEL 0594-37-3514 FAX 0594-37-7723
Eメール kanko@kanko-inabe.jp
 

スクランブル交差展

 投稿者:渋谷スクランブル交差点  投稿日:2018年 7月19日(木)23時26分13秒
  コンペの概要
世界一混み合うと言われている「渋谷スクランブル交差点」
1日30万~50万人の人が横断する時もあり、外国人の観光スポットとしても有名です。
今回、この「スクランブル交差点」をテーマに公募展を開催致します。
会場はスクランブル交差点から徒歩10秒、渋谷センター街入り口店舗ギャラリー
「Means」にて行います。写真・絵画・グラフィックデザイン、
壁面に飾れるものであれば表現の制限は一切ありません。


コンペの応募内容
【賞】最優秀賞(1名):3万円分QUOカード店舗ギャラリー 「Means」個展権利
   優秀賞(2名) :店舗ギャラリー「Means」個展権利
【提出物】下記4点、7/15日(必着)までに「info@nomad-gallery.net」宛に送付。
    ※申込確認後、本応募フォームを返信致します。
    ①名前 ②アーティスト名(任意) ③参考URL(任意)
    ④参考作品画像データ※過去作品可(Jpeg,png,pdfいづれか)3MB以下
【応募締切】2018年7月15日※申込数により締切前に募集終了の場合あり
(募集終了の際は当ホームページに告知)
【作品搬入期間】郵送:7月16日~7月29日必着
       直接持込:7月31日18~21時
【参加費】1点/5,000円 ※複数応募可
【審査方法】公募展の来場者・一般来客者による投票
【結果発表】8月末当HPにて発表
【応募作品の著作権の取扱】応募作品の著作権は応募者に帰属
【個人情報の取り扱い】申込後、返信応募フォームに記載
 

『NEW INSTAGRAM Project イラストレーター大募集』

 投稿者:イラストレーター名  投稿日:2018年 7月19日(木)23時25分2秒
  コンペの概要
「ファッションを通して人々を笑顔にしたい」
ファッションドリーマー‘D’が主催する、ファッションとイラストのコラボレーション企画
あなたの描いたイラストが、世界210万人のフォロワーを持つInstagramアカウントから
「トランプカード」となって世界中に発信されます!!
・新しい作品を創り出したい方
・多くの人に感動や笑顔を届けたい方
・感性をいかし自由に描きたい方
まずはお手持ちの自信作でご応募ください
たくさんのイラストレーターさんのご応募心よりお待ちしております。
*企画について
Instagram、アメリカ、ファッションへの感謝とリスペクトから生まれた企画です。
ファッション業界の礎を築いてきた先輩方
(例:ココシャネル,クリスチャンディオール,ユニクロ創設者の柳井氏etc…)へ
微力ながらお誕生日の祝福を込めました。
クリエイターさんの力をお借りし人・動物・植物・現代・過去・未来の縛りなく
自由に表現していただきたいと思います。
Dとイラストレーターさんがコラボし
「ファッションの良さとイラストの良さを同時に伝えたい!」
作成した作品を世界の210万フォロワーに向けて発信します。

コンペの応募内容
*採用人数*
イラストレーターさんMAX52 名(半分の 26 名になる場合もあります。)

*応募形式*
・過去のイラスト作品をご送付ください。
※応募時のテーマは特にありません。まずは自信作をお送りください。
・オリジナル作品に限ります。

*選考方法*
応募作品をもとに、厳正なる審査の後、採用者を決定します。

*採用者に作成いただくイラスト規格*
(※52名の場合の1人あたりの内容)
採用されたイラストレーターさんは1人1人に違うテーマが与えられそのテーマに沿ったイラストを描いていただきます。詳細は採用者へご連絡させていただきます。

作品については、「縦 267mm×横 171mm、解像度 350dpi、カラーモード RGB(※ 当企画後、商品化等をする場合は CMYK に変換して頂く場合があります。)」のイラスト 2 枚。

参加資格
本応募要項すべてに同意された方。プロ・アマ問わず、個人・法人も問いません。※未成年の方は、本応募要項への保護者の同意を得た上でご応募ください。
著作権の取扱について
・応募時提出作品の著作権は、応募者に帰属するものとします。但し入選後に作成していただく作品の著作権は、当企画主催者に帰属するものとします。
・応募者は、入選の有無にかかわらず、応募作品、コメントおよびペンネームの全部または一部、作成した作品が、当企画主催者が運営する公式のInstagram、Twitter、FacebookページなどのSNSアカウントや、webサイト、書籍等の媒体に転載、またはイベント等に展示される場合があることを、あらかじめ承諾するものとします。転載内容は一部翻案・改変する場合があります。
(注意事項、その他事項については公式募集HPをご参照ください)

コンペの応募期間
2018年05月15日(火) から 2018年05月20日(日) まで
コンペの日程
応募(5月20日締切)
   ?
採用者確定 (※5月23日までに採用者の方へのみ、ご連絡をさせていただきます。)
   ?
採用後すぐに、描いていただくイラストのテーマや詳細をご連絡させていただきます。
   ?
イラスト提出締切(与えられたテーマにより5月末日から随時)
   ?
世界中に配信(6月から随時)

注意事項・免責事項・その他
◎注意事項
以下の項目をすべてお読みの上、あらかじめご了承いただいてから応募いただきますようお願いいたします。「募集について」に定める方法により画像または作品集URLを送付いただくことにより、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

(1)以下にあてはまる作品(ペンネームを含む)は、審査対象外とさせていただきます。また、審査後に審査対象外となる事由が認められた場合、採用を取り消させていただく場合があります。
・当企画主催者、他のユーザーまたはその他の第三者の所有権、著作権を含む知的財産権、名誉、信用、プライバシー等の権利を侵害するもの。
・わいせつ・残虐・差別に相当するもの、その他第三者に不快感を与えるもの。
・公序良俗に反するもの。
・作品を公開することが適切でないと当企画主催者が判断するもの。
・必須記載事項に記載漏れもしくは誤りがあるもの。
・入選後作成いただく作品が、既に商品化されているもの、商品化の予定があるもの、他の企画やコンテスト等に投稿済みのもの、または他の企画やコンテスト等で受賞したもの。
・その他、当企画主催者が適切でないと判断したもの。
(2)応募時提出作品の著作権は、応募者に帰属するものとします。但し入選後に作成していただく作品の著作権は、当企画主催者に帰属するものとします。
(3)入選者は当企画主催者および当企画主催者が指定する第三者に対して、著作者人格権を行使しないものとします。
(4)審査結果につきましては、入選者にのみ個別に、ご応募いただいたメールアドレス宛にお知らせさせていただきます。なお、本企画選考の結果発表は、当企画特設webサイトでもペンネームにて掲載させていただくことがあることを、あらかじめ承諾するものとします。
(5)応募者は、入選の有無にかかわらず、応募作品、コメントおよびペンネームの全部または一部、作成した作品が、当企画主催者が運営する公式のInstagram、Twitter、FacebookページなどのSNSアカウントや、webサイト、書籍等の媒体に転載、またはイベント等に展示される場合があることを、あらかじめ承諾するものとします。転載内容は一部翻案・改変する場合があります。
(6)当企画主催者は、作品の応募・作成に際して生じた諸費用に関して一切負担しません。
(7)当企画主催者は、本企画への応募に際していただいた連絡先等の個人情報を、本企画および選考作品の応募者への連絡に使用させていただくほか、当企画主催者より情報をお送りさせていただくことがありますので、ご了承ください。
(8)入選者・入選候補者には、選考および入選手続きに関して別途ご連絡をさせていただくことがございます。ご連絡後の一定期間内にお返事をいただけなかった場合には、当企画への参加、入選後の特典をお受け取りいただけないことがございますので予めご了承ください。

◎免責事項
(1)応募者は、自己の責任において本企画に応募するものとします。
(2)当企画主催者は、応募者の本企画への応募、選考また、応募者とその他の第三者との間で生じたいかなる紛争についても、その原因の如何を問わず、いかなる責任も負担しないものとします。
(3)本企画は、システムのメンテナンス等、当企画主催者が必要と判断した場合には、事前に何ら通告なく休止する場合があります。
(4)当企画主催者は、応募者が本企画に関して被ったいかなる損害(本企画の中断、停止または廃止を含み、これに限定されない)についても、その責めを負わないものとします。
(5)本応募要項に定める当社の免責については、損害発生の直接的原因となる事由が当社の故意または重過失による場合には適用しないものとします。

◎準拠法と裁判管轄
本企画および本応募要項に関する事項には日本法が適用されます。また、本企画および本応募要項に関する当企画主催者と応募者との間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

◎お問合せ
(1)お問い合わせいただく際は必ず「返信先メールアドレス」「ペンネームまたは本名」「問い合わせ内容」をご記入ください。また、件名は必ず『NEW INSTAGRAM Projectお問合せ』としてください。
(2)電話でのお問い合わせはご遠慮ください。
(3)選考理由・結果についてのお問い合わせにはお答えできません。
(4)内容によっては対応いたしかねる場合がございます。対応の有無やその内容について、ご報告者へのお知らせは行っておりません。ご了承ください。

【応募締切】 2018年05月20日 (日) 23:59
参加方法
・過去のイラスト作品をご送付ください。
※応募時のテーマは特にありません。まずは自信作をお送りください。
・オリジナル作品に限ります。
・応募に必要な作品については、作品をアップしているサイトのURL、またはギガファイル便で5点以上まとめて送付ください。
・指定のメールアドレス宛に、本文には必ず下記の必要事項をご記入の上、作品を添付してご送付ください。

【必要事項】
・活動名(イラストレーター名):
・電話番号:
・メールアドレス:
・SNS ID(Facebook,Twitter,Insta):
 

東日本大震災 復興歩みフォト&スケッチ展2018

 投稿者:公式ホームページ  投稿日:2018年 7月19日(木)23時23分34秒
  復興への歩みを広く発信し、復興に関する写真・スケッチの公募展を開催します。皆さんが復興を感じる場面をお寄せください。
審査員(敬称略):池邊 このみ(ランドスケーププランナー)、大西 みつぐ(写真家)、なかだ えり(イラストレーター)、西田 司(建築家)

・大賞(フォト、スケッチ各1点):賞品は、商品券10万円相当分
・優秀賞(5点程度):賞品は、商品券5万円相当分
・入賞(15点程度):賞品は、商品券1万円相当分

【応募規定】
・作品は2016(平成28)年以降に撮影した写真、または描画したものに限ります。
・応募作品は未発表または発表予定のないものに限ります。また応募者がすべての著作権を有している作品に限ります。
・作品には必ずタイトル及びメッセージ(150文字以内)を添えてご応募ください。
・応募規定の詳細は公式ホームページでご案内します。ご確認の上、ご応募ください。
【作品サイズ】
フォト:郵送の場合、2Lサイズ(127×178mm)のプリント推奨。
    (ただし、既に撮影済の作品についてはサイズ不問。)
    インターネット応募は、1点あたり1MB以上5MB以下。
スケッチ:B4(257×364mm)まで、画材は自由
【応募点数】お一人様につき、フォト・スケッチを合わせて合計4点まで応募可能です。

参加資格
どなたでもご応募いただけます。ただし、プロの写真家や画家の方はご遠慮ください。
著作権の取扱について
・著作権は撮影者に帰属しますが、UR都市機構(以下、「主催者」)は広告・ポスター・カレンダー・広報誌・ホームページ・イベント及びメディア(新聞・TV・雑誌・ネット等)等に使用する用途に限り、応募作品を修正または改変し、無償で使用する権利を有します(例:写真、スケッチのトリミング、カレンダーの作品タイトル等)。その場合、応募者は著作者人格権を主張しないものとします。
・応募作品の著作権・肖像権・商標権・プライバシーなどについて第三者から権利侵害や損害賠償等の異議申し立て、苦情などがあった場合、主催者は一切の責任を負わず、費用負担などを含め応募者がすべて対処するものとします。

お問い合わせ先
〒103-0027 東京都中央区日本橋1-5-3 5階
「フォト&スケッチ展」事務局 TEL:03-3272-6098(10:00~17:00 土日、祝日を除く)
※当フォト&スケッチ展の審査結果のお問い合わせおよびクレームなどには応じかねます。
 

第33回 馬の絵と写真コンクール

 投稿者:福島競馬場  投稿日:2018年 7月19日(木)23時22分37秒
  ■絵の部(幼稚園児以下、小学生低学年(1年から3年)、小学生高学年(4年から6年)の3部門)
金賞 それぞれ1名
銀賞 それぞれ1名
銅賞 それぞれ1名
佳作 それぞれ2名
※入賞者全員に賞状及びJRAグッズ(ターフィーぬいぐるみ、ボールペンなど)を授与。
■写真の部:
金賞 商品券50,000円相当  1名
銀賞 商品券30,000円相当  1名
銅賞 商品券10,000円相当  1名
佳作 JRAグッズ  2名
 

早朝のドゥブロヴニクホテル-ドゥブロヴニク空港の交通手段

 投稿者:夏南  投稿日:2018年 7月19日(木)23時21分29秒
  ふとブログを発見してどうせ嘘なんだろうなと思って連絡してみたらすぐに3000万もらえました。
必要ならもっと支援するって言われたけど、こんな事って本当にあるんだね!
なんか私以外にも受け取ってる人がいるみたいだし、今だったらまだ受け取れると思うから困ってるなら連絡してみたら!

連絡先も教えておくね!
ちなみに相手は女性だよ。
 

早朝のドゥブロヴニクホテル-ドゥブロヴニク空港の交通手段

 投稿者:拝見  投稿日:2018年 7月19日(木)23時21分10秒
  こんにちは、初めまして。
9月中旬にクロアチア旅行予定のあきと申します。
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
知らなかった情報が多数載せられており、大変助かっております。
貴重な情報ありがとうございます。

本題なのですが、ドゥブロブニクからザグレブ間を飛行機で異動します。
5時30分頃にドゥブロヴニク空港に到着しなくてはならないのですが、この場合、早朝タクシーしか方法はないのでしょうか?
また、早朝タクシーはホテルに頼んでおけば呼んでもらえるのでしょうか?
 

メッセージサイト/ノンサイト展

 投稿者:ARCOT  投稿日:2018年 7月19日(木)23時20分25秒
  ARCOT(Colombian Artists in Tokyo) ではコロンビア共和国にて本(2018)年秋~冬頃開催予定のアートフェアおよび写真展開催に向け作品を公募いたします。

選出された作品はコロンビア共和国ボゴタ市のESPACIO ARCOT (ARCOT所有のアート展示スペース)等にて開催催予定のアートフェア(10月24~27日)および「サイト/ノンサイト展」(2018年秋~冬)にて展示される予定です。

ラテンアメリカ等海外での展示に興味のある作家の方々のご応募をお待ちしております。

コロンビア国内のアートスペース、ギャラリー、ミュージアム等での作品展示。アートフェアにおいて作品の販売(コミッション等については個別にお尋ねください)


●募集要項


コンペの応募内容■作品のテーマ:「場所」をテーマとする作品。何らかのかたちで「場所」を主題としたキュレーションが可能な作品
■写真サイズ:日本ー南アメリカ間の航空輸送または展示地での印刷に支障のないもの
■写真の点数:6点まで
■デジタル/アナログ:不問
■未発表/既発表:不問
■主催:Ricardo Gaitán-Muñoz (ARCOTディレクター), Takaaki Kumagai (ARCOTキュレーター)
■審査員:野村はる(美術家)、Tetsuya Fukui (美術家)、Takaaki Kumagai (キュレーター・美術史家)ほか
■選考料金:3000円
■諸経費(選出された場合):11000円前後
*郵送費などにより多少変動する可能性があります。お問い合わせください。

■結果発表:2018年9月

■作品の展示:2018年下半期

■アートフェアについて: サイト/ノンサイト展展示作品の一部を2018年10月24日~27日開催予定のアートフェアに出品いたします。詳しくはお尋ねください。


お問い合わせは deenjapon@gmail.comまでお気軽にどうぞ。コンペの応募期間2018年06月01日(金) から 2018年08月31日(金) まで




 

全国子ども和食王選手権

 投稿者:全国子ども  投稿日:2018年 7月19日(木)23時20分4秒
  「全国子ども和食王選手権」(主催:農林水産省)は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子ども達の強い関心と理解を育むことを目的に行われるイベントです。小学校1年生から3年生はお絵かきを通して、小学生4年生から6年生はチームで協力しながらお絵かきまたは写真撮影や、和食の知識や技 を競う体験を通して、日本の食文化に対する認識を深め、その普及を推進します。

■和食お絵かき部門
「地方予選」全国8ブロック毎に1名ずつ各賞を授与
金賞 メダルと賞状授与・全国大会への招待
銀賞 賞状
銅賞 賞状
「全国大会」各ブロック金賞受賞者より以下を発表・表彰
総合金賞(1名) 賞状とトロフィー
総合銀賞(1名) 賞状
総合銅賞(1名) 賞状

■和食王部門
「地方予選」全国8ブロック毎に1位から3位に賞状
      1位を東京で開催する全国大会へ招待
「全国大会」全参加者にメダルと賞状 和食王と準和食王にトロフィー
賞名:和食王Washoking2018、準和食王、和食大使賞、調査力賞、構成力賞、表現力賞、和食愛賞、郷土愛賞

※各賞名は予定
※全国8ブロック区分 (1)北海道、(2)東北、(3)関東、(4)北陸、(5)東海、(6)近畿、(7)中国四国、(8)九州・沖縄



 

持続可能な開発目標(SDGs)学生フォトコンテスト2018

 投稿者:SDGs学生  投稿日:2018年 7月19日(木)23時19分37秒
  ●コンペの概要
今回で3回目となるSDGs学生フォトコンテストは、大学生、短大生、大学院生、専門学校生に加えて高校生も対象にして実施されます(日本で学ぶ外国籍を持つ学生・高校生も対象)。SDGs(持続可能な開発目標、エス・ディー・ジーズ)の17のゴールから関心のあるゴールを一つあるいは複数選び、写真で表現してください。身近な場所や出来事からSDGsのつながりを見出した作品を歓迎します。今年のコンテストは、日本国内でのSDGsの広がりを推進するものとし、応募は日本国内で撮影した写真に限定します。あなたの周辺にもSDGsのテーマはきっと存在するはずです。

本フォトコンテストは、国連広報センターと上智大学が主催し、ゲッティイメージズジャパンと株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパンの特別協力によって実施されます。

本コンテストは、学生・生徒の皆さんが、自分の身近なところからSDGsを考え、写真で発信し、多くの人たちと共有することをテーマとしています。写真1枚でストーリーを語り、疑問を投げかけるようなジャーナリスティックな報道写真、あるいは、あなたの思いを表現したイメージ的かつクリエイティブな写真をお寄せください。日本国内での課題の解決にはどうしたらいいのか、これからの社会を形づくるゴールがあなたの行動や考え方にどのような影響を及ぼすのか、また、どうすればあなたの友人、家族、コミュニティーにSDGsを知ってもらい、行動を促すことができるのか。そのような視点を持ちながら写真を撮って、ぜひ、コンテストへご参加ください。

*昨年の受賞作品はこちら。goo.gl/neqzRB
*昨年の授賞式の様子はこちら。goo.gl/zacywH

*主催:国連広報センター、上智大学

*特別協力:ゲッティイメージズジャパン、株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパン

*後援:外務省、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、
    独立行政法人 国際協力機構(JICA)、一般社団法人SDGs市民社会ネットワーク

*協力:株式会社シグマ、吉本興業株式会社

*メディアパートナー:朝日新聞社

*賞金・賞品: 主催、特別協力および協力企業より贈呈(内容はコンテストサイトにて発表予定)
 賞金・賞品の受け取り(配送先)は、日本国内に限ります。
賞最高賞金10 万円
*賞の種類 (応募内容や数により変更になる場合があります):
・ 大賞(外務大臣賞) 1点
・ 優秀賞 3点
・ 入賞 若干名

賞品は賞金、ニコンデジタル一眼レフカメラセットなど。
詳しくはコンテスト特設サイトをご覧ください。

 

第1回 どうぶつえんフォトコン

 投稿者:どうぶつえ  投稿日:2018年 7月19日(木)23時18分56秒
  第1回 どうぶつえんフォトコン
テーマ・かわいい生き物やたのしい園内の動物たち
賞 品・記念品・クオカード
選 考・生き物フォトコン実行委員会(いいね!は参考のみ)

賞 品・5名様に投稿写真をポストカードにして各50枚予定
   ・かわいい生き物賞・クオカード(3,000円予定)
   ・たのしい園内の動物たち賞・クオカード(3,000円予定)
コンペの日程8月31日必着参加方法応募形態
パソコン、スマートフォンからご応募いただけます。
必ず応募規約をご確認のうえ、ご応募ください。
作品はホームページ上に随時掲載いたします。



 

道志道より大室山~加入道山~西丹沢へ

 投稿者:道志道  投稿日:2018年 7月19日(木)23時18分12秒
  道志道より大室山~加入道山~西丹沢へ
私の投稿した御坂山稜の毛無山~十二ヶ岳へTamuさんも行かれようとして、公共交通利用による計画をされ結果として新宿からの高速バス満席のため、今回は断念されたことは残念でした。
しかし、表丹沢の烏尾山~三ノ塔~二ノ塔~ヤビツ峠を廻られたとの事、お天気にも恵まれ帰路には「名水はだの・富士見の湯」に立寄り良い一日を過ごされて良かったです。
毛無山へ登る別のルートとその路線バス時刻表を別途、ご案内致します。新宿発早朝以外の高速バス乗り場も東京・秋葉原・渋谷等色々ありますので、参考にして来年は是非「毛無山~十二ヶ岳」を歩いてみてください。
さて、中央沿線の山域から目立っている「大室山」は裏丹沢~北丹沢の山域としていつも気になっていた所です。道志道方面からのルートは沢山あり、帰路には「道志の湯」をセットにして登られる方も多いようです。
但し、公共交通のバスがあまりにも皆無同様なため、マイカーによるピストンが限度とあきらめていました。しかし、西丹沢方面へ縦走することによって帰りは遠回りとなってしまいますが、十分周れることが判り道志道から西丹沢への登山(初の丹沢)行きとなりました。
【スケジュールとコース】
西八王子5:45-橋本6:06   6:20-(神奈中バス)-三ヶ木6:51  6:55-(神奈中バス)-音久和7:35 [別ルート 西八王子5:37-相模湖5:52   6:00(6:31)-(神奈中バス)-三ヶ木6:19(6:53)]音久和7:35~神之川キャンプ場登山口8:25~鐘撞山(900m)9:52~大室山(1,587m)12:10(12:20)~前大室(馬場峠)~加入道山(1,418m)13:30-白石峠13:45~用木沢出合15:00~西丹沢ビジターセンター15:25
西丹沢ビジターセンター -(富士急湘南バス) 中川「中川温泉 ぶなの湯」 - 新松田18:20 -(町田経由)- 西八王子20:05    日帰り温泉:ぶなの湯   歩行距離 約17.5km

橋本駅北口のバス停は登山客で一杯でした。月夜野行きのバス検索では、圧倒的に橋本からのバス案内が多かったので橋本駅回りとしましたが、相模湖からのバス便の方が良かったと思いました。皆、月夜野行きに乗り換えました。月夜野から先に行くバスで冬季休日は無い様子です。焼山登山口、西野々、平丸、東野でかなり下車しました。皆、蛭ヶ岳方面を目指すのだろうか?神之川キャンプ場入口バス停の一つ手前の音久和で下車する。ここでショートカット出来るためです。神之川南側の小高い音久和集落はひっそり静まり返り、霜で真っ白になった畑越しに朝日を浴びた道志の山稜が光り輝いて見えました。目指す大室山も良く見えます。神之川キャンプ場までの道は、昨夜の雨で凍り付いているため転ばないように注意しながら小一時間かかり到着した。キャンプ場はシーズンを終え静まり返っていたが、清掃も行き届き綺麗なキャンプ場でした。釣り客があるようで受付はしっかりオープンしていた。トイレを借り身支度を整え、登山口の吊橋を渡る。ここから、大室山までの標高差約1,200m弱の長い稜線歩きとなる。人の姿が皆無だった。釣鐘山までは比較的なだらかな気持ちの良い山道である。林床が笹で覆われ、コナラを主体とした雑木林を歩いて行く。陽の当たる登山路に、さらさらと落葉が雪のように降り注ぎ、野鳥が囀っている。上空では冷たい冬型の北風が唸り声をあげていた。徐々に昨夜降った雪が目立ってくる。雪で白くなった鐘撞山に到着。そこには、小さな石造りの祠があります。鐘撞山の標識と大きな鐘が吊下った間から大室山のどっしりとした山体を見ることが出来ました。ここにある鐘はそこそこの大きさで、試しに叩くと麓でも十分聞こえるほどの大きな音でビックリでした。一旦、急な道を60~70m程下った処から急登の始まりとなります。前を歩く人は皆無です。足跡は、タヌキらしものとシカ位で人の気配はありません。急登が続き、漸く見晴らしの良い所に出ました。焼山~黍殻山~姫次~蛭ヶ岳~檜洞丸の主稜線が見事に見えます。南の方はチョット雲が多いようですが、圧巻ですね!大室山までは、まだ1時間以上もかかりそうです。神ノ川ヒュッテの分岐点に着くと、2~3人のトレースが付いていました。ここからは、トレースがあるので歩きに集中できます。山頂近くになるとまた展望が開け主稜線が一望です。やっと広々とした山頂に到着しましたが、誰も居ません。ここは、林に囲まれ展望が今一です。軽い食事と記念撮影を済ませ、先に進むと犬越路分岐の広場にベンチ・テーブルの休憩場所に2組10人程の男達が食事休憩していました。2人は神ノ川ヒュッテから、8人は西丹沢か道志方面と思いました。加入道山方面に向かいます。ここからは、案内標識や木道・階段が整備されています。しかし、雪の降った後の木道は歩き難く、丸太の階段はツルツル滑ります。暫く歩くと、箱根の山を中心に相模湾と駿河湾を望める場所に来ました。駿河湾の右に愛鷹連邦、そして富士山、御正体山、今倉山の背後に御坂山稜と白銀の南アルプスも望め、丹沢山系からの素晴らしい眺望のひとコマを垣間見ることが出来ました。加入道山に向かう途中で、10人程とすれ違いましたが、丹沢でもこの領域はハイカーが少ないことが判りました。予定通り、バス時間に丁度間に合いそうです。白石峠から白石沢沿いを下って行きます。白石の滝があり、大理石の産地となっていることや色々な変成鉱物の宝庫である説明看板がありました。白石沢から林道へ出る途中で女性の方に声を掛ける。千葉の方からご夫婦で、西丹沢ビジターセンター駐車場に車を停め大室山を廻ってきたそうです。旦那さんはと聞くと、マイペースでさっさと先に行きましたとの事。毎度のようです。西丹沢ビジターセンターには、バス発車の15分程前に到着しました。帰りのバスは、30人程でゆったり座れ、中川で降りたのは私の他に2人でした。武田信玄の隠し湯といわれる日帰り温泉「ぶなの湯」は内湯と露天があり、PH10.1の泉質はつるつる温泉、瀬音の湯と同様に私の好きな温泉です。大浴場は男女日替わりとなっているそうです。残念なところは、食事処が無いのが惜しい。缶ビールを購入し暫し休憩室へ。行動食(ドライフルーツ・ナッツ類)をつまみに湯上りのビールを堪能する。バス時間までみやげ売り場でお土産を物色し「栗の和菓子」を購入して、バスに乗り込んだ。10人程しか乗っていない。途中から乗り込んだハイカーでほぼ満員となった。新松田まで気持ち良く眠りこんで、やっと到着。リュックを抱え、駅に向かう。新松田駅は、何十年ぶりで綺麗な駅になっていた。急行に乗り込みふと景色を見ていると山麓一帯が綺麗なイルミネーションで見事だった。帰ってから調べてみると松田山ハーブガーデンで毎年開催されている天空のイルミネーション「松田キラキラフェスタ」でした。その後、バスにお土産を忘れたことに気が付いた。次の日にバス会社へ連絡した。遺失物で無駄にしてしまうのは勿体ないのと、送ってもらうにも送料がかかるためバス会社の皆さんで食べて下さいと伝えた。
 

桑留尾のバス停時刻表

 投稿者:十二ヶ岳  投稿日:2018年 7月19日(木)23時17分51秒
  毛無山~十二ヶ岳の別ルート
毛無山へ登る別のルートとその路線バス時刻表が下記の載っています。こちらの方は本数も多いので、活用できるのではと思いました。
富士山駅~河口湖駅~大石プチペンション村~芦川農産物直売所行のバス便を利用すれば

大石プチペンション村バス停又は大石峠入口バス停より毛無山へ登れます。
多分、このコースならば「いずみの湯」へ立ち寄りして帰路に着けると思います。
桑留尾のバス停時刻表も添付しておきます。
来年にでも、挑戦してみてください。
 

昨日は毎度の高尾へ

 投稿者:Tamu  投稿日:2018年 7月19日(木)23時16分53秒
  毎度の高尾
昨日は毎度の高尾へ 駅から陣馬山へ行く途中の川にオシドリの親子がツバメの子が
ホオジロ オオルリの子 オシドリ以外の親は餌取に飛び忙しそうでした
陣馬山からは底沢へ下りました
雨は降らないだろうと思ってたら雨降ったし 下りたら晴れるし
けど久しぶりの山は気持ち良かったです
帝釈山良さそうですね 行ってみたくなりました
僕は会津は只見付近の山が好きで何度も行ってるのですが檜枝岐付近は尾瀬へ一回行ったくらいです
Tamuさん夫婦 ヒデ坊さん夫婦 一緒にアウトドアを楽しめて羨ましいような
家は 根曲り竹 山菜取りは行くのですが 山歩きは高尾山へ行ったくらいかな
昔よく女神茶屋の近くのペンションへ夫婦で行きました
毎度日の出前から歩いて蓼科山を一人で歩き 走ったりして朝食前に下りてきました
それも想い出になりいいですけどね
 

「湯ノ倉山編」を拝見!

 投稿者:奥会津  投稿日:2018年 7月19日(木)23時16分26秒
  前編の「帝釈山から田代山」とガラッと雰囲気が変わりしっとりした湯ノ倉山は、奥秩父にも似た雰囲気があり奥会津の奥深さを少しながら感じる事が出来ました。本当に変化にとんだ素晴らしい所だと思いました。
7月中旬の3連休に仕事の手伝いで尾瀬へ行く事になりました。最終日前日の後半からはフリーに!
東電分岐より三条ノ滝~裏燧林道~尾瀬御池(泊) 最終日に大杉林道~富士見林道より「会津駒ヶ岳~中門岳」へ登る計画をしています。
下山地の檜枝岐でもう一泊したい処だけど、日帰り湯で帰路に着く事になりそうです。
話は変わり、6月初旬に梅雨入りしたものの今年は、明らかに異常な状況で殆ど雨が無く関東の梅雨明けです。8月の水不足やゲリラ降雨が心配です。ここのところ夕方から奥秩父~群馬の山沿いは、毎日のように凄い雷で空が光っていました。  
 

先週は北アルプスを中止し,馬山歩い

 投稿者:egawaさん  投稿日:2018年 7月19日(木)23時16分9秒
  先週は北アルプスを中止して陣馬山 歩いていると今回も地元の散歩のおじいちゃんに
捕まってしまい30分程度の立ち話し 嫌いではなく楽しく興味深い話しも聞けて
立ち話だけでも来て良かったと思える時間 山歩きの楽しさは麓の楽しさのような
人それぞれですけど 山の思い出は人との思い出になってしまいます

タヌキ ハクビシンは世田谷でも見られます
外来種の問題はブラックバスとかでも同じですが 外来種の問題ではなく
人間の問題です ブラックバスやハクビシンは飛べるのでもなく
自らの意思でもありません
鹿や猪も同じく人間の都合に合わないだけ
熊などに至っては山菜採りなど山に人間が入って襲われても悪者のようなニュースに
山に熊がいるのは当たり前だろ 玄関開けたら熊が寝てたら事件かもしれませんが
少なくとも環境 自然に悪影響を与えるのは鹿や熊 外来種でもなく人間だと
思っています
まあ こんな事思っても どうにもなりませんから考えもしないですが

写真は陣馬山へ行く途中のオシドリです  
 

三連休は猛烈な熱さで山には行かず

 投稿者:コラム  投稿日:2018年 7月19日(木)23時15分51秒
  三連休は猛烈な熱さで山には行かず用事以外はTamuさんのコラムを読み直していました
Tamuさんの山歩きは感動や楽しい事も多いですが辛い出来事もあったんですね
だからか自然や人に対しての優しさが僕よりも大きく感じました
自然や山に対する気持ちはTamuさんに近いと思います
人それぞれに自然や山に対する気持ちがあるでしょうけど
それぞれ個人が自然や山に対して大切に思う気持ちが大切であり
山を歩く僕らが山の自然を壊すことがあってはならず 汚さない 跡を残さない事が
大切なんだなと読みながら思いなおしました
最近は 諦めてるような気持ちがあったりしましたが 人はともかく
自らは思いを忘れずに歩いていきたいと思います
僕はバリエーションルートとか花を見る為に道を外れるとか あまり好きじゃないんですよね
人が歩けば道になり大勢が歩けば草も無くなるように
そうも思えば 車で行ける霧ヶ峰やロープウェイで行ける木曽駒とかは
山歩かない人も行ける山もあってもいいんじゃないかと思ってたり いろいろです

天城山行かれたんですね 釣りをしなくなってから天城の山行ってないのですが
前は時化で船が出ない時は天城の山を歩いていました
ヒメシャラやブナの樹が気持ちよく歩けますよね
天城にはブナの若い樹とかあるのかな 前は 気持ちいいだけで気にもしていませんでした

写真は 日本の自然界の仲間に入ったハクビシンです
 

尾瀬~会津駒ヶ岳を縦走

 投稿者:Tamu  投稿日:2018年 7月19日(木)23時15分24秒
  7月14日~15日は仕事で尾瀬へ。猛暑の中、昼間は尾瀬も焼け付くような日差しで暑かったですが、さすがに朝・夕は涼しく過ごしやすかったです。また多くのハイカーで賑わって、今年一番の人出のようでした。但し、例年と比べ1ヶ月近くも花の時期が過ぎて、8月頃の景色でした。
翌日16日に見晴~裏燧林道~御池~大杉岳~〈大杉林道〉~大津岐峠~〈富士見林道〉~駒ノ小屋~駒ヶ岳~駒ヶ岳登山口のルートで約25kmの駒ヶ岳縦走をして来ました。
檜枝岐の宿は「かぎや旅館」に宿泊し、古代檜風呂を堪能しました。
17日の朝はゆっくりとバスで会津高原尾瀬口へ行き、新型特急「リバティ」で帰路に着きました。
詳細は後日まとめて報告いたします。
 

一本の花に見え

 投稿者:彼岸花  投稿日:2018年 7月19日(木)23時15分3秒
  こんにちは!
今日は彼岸花を撮りに、近くの田圃に行って来ました。
丁度、満開になっている花もあり、いつもながら見事な赤ですね。
実は最近知ったのですが、彼岸花は、一本の花に見えますが、6本の花が束になって一本の花になっているとの事です。
実際よく見てみると確かに6本程度が束になっています。中には出来損ないか?5本であったり7本であったりしているのもありますね。
一本の花に、オシベが6本、メシベが1本出ています。
 

例会で紹介した写真で

 投稿者:むさし  投稿日:2018年 7月19日(木)23時14分43秒
  例会で紹介した写真です。
9日に高野山に行って来ました。紅葉真っ盛りのタイミングでしたね。
既に落葉しているモミジもありましたが、良かったですよ。
ヨーロッパ系の外国の方達が沢山歩いていましたねえ。世界遺産の聖地なので人気があるんでしょうか?
いつもながら壇上伽藍の紅葉は綺麗だったですね。
 

塗装無しで¥21,000~の修理費用になり

 投稿者:ネック折れ  投稿日:2018年 7月19日(木)23時13分18秒
  此処のところGIBSONのLPのヘッドやネック折れの修理が多くなっております。
こんなに多いのは始めてかも知れませんね。
以前からもあったけど、増えていますね。
何故かな?

フェンダー系から持ち替える方が多くなったのかな?
木も硬いし、ネジで止まっているからぶつけても衝撃を吸収しやすいから
折れることはほとんど無いので、手荒く扱っても大丈夫。
そんなつもりでGIBSONを扱うと、さあ大変です。
販売した日に折ったお客さんもいましたからね~。
修理は出来ますが、高くつきますのでお気をつけくださいませ。

塗装無しで¥21,000~の修理費用になります。
後は何処まで直すかと、どれだけの壊れ具合かで金額が変わります。

季節の変わり目はネックが折れる。
そんな訳は無いか~。・・・・・少しはあるかも。
 

明石海峡大橋を渡り

 投稿者:大塚国際美術館  投稿日:2018年 7月19日(木)23時12分27秒
     お早うございます。
昨日、ややこしい天気でしたが、徳島県鳴門市にある「大塚国際美術館」の見学ツアーに行って来ました。
明石海峡大橋を渡り、淡路島を南下縦断し大鳴門橋を渡ってすぐのところです。大塚薬品等の大塚グループが社会貢献の一環として作った美術館との事です。
まあ行ってみてビックリでしたね。すでに行かれた方も沢山おられると思いますが、世界の名画等を原寸大でしかも1,000点以上、展示しています。でもすべてニセモノです。陶板(焼き物)で作っているため、1,000年~2,000年は保存がきくそうです。
本物を見ているのと錯覚する程の見事な出来栄えです。(本物はそんなに見ていませんが・・・)写真はフラッシュ無しでOKでしたのでたくさん撮ってきました。
 

「帝釈山から田代山」および「湯ノ倉山」を拝見

 投稿者:帝釈山  投稿日:2018年 7月19日(木)23時11分1秒
  これまでメールで駄文で感想を送っていましたが、掲示板で。

「帝釈山から田代山」および「湯ノ倉山」を拝見しました。

帝釈山から田代山

>恐縮して、内心ニンマリだ。
そうなんですよ。
もらう大きな理由もなく恐縮なのに、
何でもないバッジなのに、もらうと嬉しいですね。
子供と同じだと自分でも思いますが、ニンマリですね。


>写真:田代山湿原へ出た!
本文には「尾瀬ヶ原と比べるとふたまわりも狭いけれど」とありますが
周りに山が見えないからでしょうか、広く広く感じますね。


>写真:ワタスゲの海をぐるっとひと泳ぎ
本文に「こんなにカラッとした“梅雨の晴れ間”なんて」とありましたが、
写真の空、青く広く、素晴らしいですね。
個人的にも、こういう大きな空の写真が好きです。



湯ノ倉山

>写真:リョウメンシダの海だ!
冒頭に「リョウメンシダの海を泳いで下山」とあり、
なんとなくイメージしましたが、写真で見ると、葉の部分も大きく
たくさんのリョウメンシダで、「海」のイメージですね。

>とうとう誰にも出会わずに、穏やかに下って、滝沢登山口の駐車場に戻りついた
途中に「クマ避けの鈴の音が辺りに響き渡る」とあり、
「もしかして登山者が少なかったのでは?」と思っていたら、
最後にこのような表示でした。
いつもは、うるさいとも感じる鈴の音、このような時こそ必要ですね。


夫婦で2泊3日の登山、いいですね。
気持ちに余裕がないとできなし、健康でないと登れませんし、
夫婦仲がよくないと一緒に出掛けられませんから。
山以上に、そのようなことが素敵と思いました。
 

「あじさいコンサート」が開催

 投稿者:サントラ  投稿日:2018年 7月19日(木)23時10分33秒
  7月30日(日)12:30開演で「あじさいコンサート」が開催されます。

場所:桶川駅前 響きの森1Fプチホール

入場無料、130名

彩の国楽音団から2組。

一般募集で9組出演

各15分の持ち時間で演奏いたします。

タイプの違うバンドですので、お楽しみくださいませ。
 

上尾文化センターにてランチタイムコンサートが開催

 投稿者:水沼  投稿日:2018年 7月19日(木)23時09分57秒
  本日2月17日上尾文化センターにてランチタイムコンサートが開催されましたので、彩の国楽音団のPatrick水沼さんと私、中込 隆二人で出演してまいりました。

朝10時集合したら、舞台と音響はすでにスタンバイO.K。さすがPACさん。一人でも仕事が早い。

ありがとうございました。で、早速リハーサルですが、二人で演奏する曲を初めて合わせましたので

最初は緊張からかギクシャクで乗りきれずにハモれなかったりで、今いち。何回か合わせてから
通しでリハーサル。段々良くなって来て、二人での曲もばっちりで、これが本番なら良いのにの出来。

リハからこのペースでは本番持たないので、セーブ。良い感触でしたので、このままを保てたらなぁなんて思いながらリハ終了。

朝から強い風でしたので、お客さんは少ないかなと思っていましたら、開場前から並び始めましたのでビックリ!

開場時間を早めて開場したらすぐにいっぱいになり、椅子を追加して対応。定員80名の所、120名余りが来場。嬉しい悲鳴をあげました。

PatrickさんんのHere come the sunから演奏開始。夜明けのスキャット、手紙、天国への階段で自分と入れ替わりカントリーロード、コットンフィールズ、雪化粧、また君に恋してるで、二人で一緒に上を向いて歩こう、翼をくださいで終演。
アンコールを求められましたが、タイムアウト。残念。

終演後色々な方々からお言葉を頂戴して有りがたかったですね。
3月10日の遍照院ライブにもたくさんの方が来てくれると言っておりました。
バタバタしておりましたが、大盛況だったと思いますので、また呼んで頂けたらと思います。

最後に上尾文化センターの清宮さん、石川さん、PAC(お名前を聞き忘れました)さん、その他お世話になったすべての方々にお礼申し上げます。ありがとうございました。
 

帝釈山から田代山へ読みました

 投稿者:帝釈山  投稿日:2018年 7月19日(木)23時09分25秒
  UPされた帝釈山~田代山へ(奥会津・帝釈山脈)拝見しました。
奥様との2泊3日の奥会津方面の山旅を楽しまれ、檜枝岐温泉で温泉に浸かり、絶品の岩魚の骨酒
もうたまりませんね!
丁度オサバグサ祭りの真っ最中でオサバグサの群落がずっと続く道も良かったですね!
先日登った蓼科山でも少し見かけましたが、帝釈山の方が花が大きく見えました。
田代山湿原の「ワタスゲの海」はローアングルからのナイスショットですね!青空を一杯に取り込んで最高です。湯ノ倉山のUPも楽しみにしています。
私は、まだ奥会津方面には行ってませんので、是非機会を作り帝釈山・田代山湿原へ行ってみたいと思います。檜枝岐温泉付近には、会津駒ヶ岳や平ヶ岳と云った百名山もあるので2泊はしたいところですね!  
 

ワイキキ&ホノルルの美味しいレストラン

 投稿者:投稿者:ヘンリー  投稿日:2018年 7月19日(木)23時08分55秒
  <<電話番号の頭の(808)はホノルルの市外局番です。>>
*イタリアン:パスタ&ピザのアランチーノ デルマー/マリオット・ホテル/パスタ最高!
究極のパスタ(出来れば予約):2552 Kalakaua Ave., Tel:(808) 931-6273/11:30-14:30/17:00-22:00
おすすめ料理:生ウニのパスタ、ピザ、トマトスープ
*ルースズ クリス ステーキハウス/ビーチ・ウォークSC/美味い肉/要予約
Tel:(808) 440-7910/226Lewers St., Suite 233/免税店の近く/ランチはお休み、夕食のみ
おすすめ料理:フィレミニオン・ステーキ、Tボーン・ステーキ
*パシフィックリム料理:カフェミロ/カイムキのワイアラエ通り/芸能人が多い/要予約
Tel:(808) 734-2737/3446 Waialaae Ave., カイムキ地区の隠れた絶品レストラン
おすすめ料理:カニコロッケと4品コースの中のラムローストが美味しい、タクシーで片道$17前後
*お寿司:まぐろ屋/カイムキのワイアラエ通リ/寿司好きには最高/要予約
Tel:(808) 732-3775/3565 Waialae Ave.,ワイキキからタクシーで片道$17前後、日本から空輸の
鰯、鯵、コハダ、大トロ、現地の季節物の魚、旬の味が楽しめるお店です。
おすすめ:寿司カウンターでゴロウさんに”おまかせ”のにぎりが、いろいろ食べられて最高です。
*中華(飲茶):レジェンド・シーフード/出雲大社の近く/要予約
Tel:(808) 532-1868/100 N. Beretania st. #108, ともかく安くて美味しい飲茶です。
チャイナタウンですからワイキキからは距離が有りますが、タクシー代払っても行く価値が有ります。
*海鮮中華:フックユーエン/マッカリーショッピングセンター/特におすすめ/要予約
Tel:(808) 973-0168/McCully shopping center/1960 Kapiolani Blvd. #200/午前2時迄、味は最高
特にお魚の蒸した物(スティームド・フィッシュ)と蟹(ブラッビーン・ソース)は絶品、伊勢海老は
ガーリック味が美味しい(他の料理を注文すると伊勢海老は$10ー)!お肉も何でも美味しい!
*焼肉:シーラ・ウォン/特におすすめ/要予約
Tel:(808) 944-8700/747 Amana St. Honolulu HI、ドンキーの近くですが、分かり難いかも!
蟹のスープが何とも美味で、ユッケ、上カルビ、タンの塩焼き、蟹のスープがおすすめです。
安くて、美味しい焼肉店です。
*日本の居酒屋/一品料理/チョコハウス
Tel:(808) 942-5304/444 Niu St., ハワイアンモナークホテルの1階、(出来れば予約)
このお店一品料理、日本の料理も有るし、ハワイの料理も有る。
何といってもお勧めは個室(葦ズ)で仕切らた個室です。ともかく安い居酒屋さんです!
****************************************************************
<お子様同伴のお客様>
上記のレストランも含めて、予約時に必ず子供同伴の確認をして下さい。
****************************************************************
電話予約不要のお店
*ニコス・ピア38:ホノルル港の桟橋38番に有ります。
Tel:(808) 540-1377/ホノルル魚市場の近く、ハワイの海鮮料理店でプレートランチのお店です。
ニコスのおすすめ料理:フライド・アヒ・ベール(鮪の腹身のフライ)、ポケ・ボール(ハワイ版鉄火丼)、
ガーリックシュリンプ、ロコモコ、鮪のハンバーガー、フイッシュ&チップス(白身魚のフライ)など。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パンケーキのカフェカイラ&クリームポット:2店共に閉店は午後2時00分です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お帰りのタクシーは531-1331/531-2333へ電話して下さい。

調査に協力して下さいました。
ハワイ貸切タクシー様

 

こんばんは~

 投稿者:護摩壇山へ、雪景色を撮り  投稿日:2018年 7月19日(木)23時07分27秒
  今日はこの冬初めての護摩壇山へ、雪景色を撮りに行って来ました。
高野山では気温は1℃、雪は少し残っていましたが、雪景色という程のものではなく、一気に護摩壇山を目指してスカイラインをトバシて来ました。
護摩壇山付近の気温はマイナス4℃、雪は残っており、樹氷(霧氷)もきれいに見えましたね。
今日はこの冬初めての護摩壇山へ、雪景色を撮りに行って来ました。
高野山では気温は1℃、雪は少し残っていましたが、雪景色という程のものではなく、一気に護摩壇山を目指してスカイラインをトバシて来ました。
護摩壇山付近の気温はマイナス4℃、雪は残っており、樹氷(霧氷)もきれいに見えましたね
 

第25回大韓航空 トラベルフォトコンテスト参加案内(一部訂正)

 投稿者:大韓航空  投稿日:2018年 7月19日(木)22時24分44秒
  [公募展] 第25回大韓航空 トラベルフォトコンテスト参加案内(2018 年7月 13日 ~ 08月 20日) (一部訂正)

第25回 大韓航空トラベルフォトコンテストの募集を開始します。
皆様からのたくさんのご応募をお待ちしています!
詳しい内容は募集要項をご覧ください。

既存の第25回大韓航空トラベルフォトコンテストの受賞案内で大賞作品のご案内に誤りがありましたので訂正致します。
大賞受賞作品は以下の通りです。
- 大賞(1名)
大韓航空の国際線プレステージクラス往復航空券2枚(全路線から選択)とプレステージクラス韓国国内線往復航空券2枚+カメラ (V-lux Explorer Kit) 1台
お間違えのないようお願い致します。

[公募要項]
● テーマ
一般部門
楽しい旅の思い出写真

特別部門
Go Beyond
航空撮影(例:ドローン撮影)など、新しい視点から旅を紹介する写真。旅の新たな姿、新しい挑戦や経験を表現した作品

● 対象者
どなたでもご応募いただけます。(国籍は問いません)

● 応募期間
一般部門・特別部門:2018 年7月 13日 ~ 08月 20日

● 応募要項および作品規格
-デジタルカメラ、または携帯電話での作品企画 : 制限なし
(コンピューターグラフィックや合成加工したものは不可。受賞した方からは、3,000ピクセル以上の原本データをご送付頂きます。)
-フィルムカメラ作品:モノクロ、またはカラー写真<11×14インチ>
*撮影日時の制限なし

● 応募要項
- オンライン : トラベルフォトコンテストのWEBサイトにログイン後、作品をアップロードしてください。
- オフライン : 郵送または持ち込み(但し、応募者の連絡先及び名前は必ず記載)
*Korean Air Travel Photo Contest Management Office : 3rd Fl. Backyoung bldg. 413, Bongeunsa-ro, Gangnam-gu Seoul, Korea [06097])

● 応募点数 : 各分野に1人最大5点(オンライン及び郵送での応募の合計)
       例)一般部門5点+GO Beyond 5点、最大合計10点の応募が可能

入賞者発表
―このサイト(photo.koreanair.com, 韓国日報紙面、受賞者への個別通知にて発表)

受賞式
―韓国ソウルIL WOO SPACEにて実施予定。詳細は入賞者へ別途お知らせ致します。

[賞品]
● 一般部門
- 大賞(1名)
大韓航空の国際線プレステージクラス往復航空券2枚(全路線から選択)とプレステージクラス韓国国内線往復航空券2枚
+カメラ (V-lux Explorer Kit) 1台

-  金賞(1名)
大韓航空の国際線プレステージクラス往復航空券2枚(全路線から選択)

-  銀賞(2名)
大韓航空の国際線エコノミークラス往復航空券2枚(全路線から選択)

-   銅賞(6名)
大韓航空のエコノミークラス往復航空券2枚(韓国-日本、韓国-中国、韓国-東南アジア路線から選択)
(受賞者が米州およびヨーロッパ在住者の場合、米州またはヨーロッパから韓国へのエコノミークラス往復航空券1枚)

●  入選(50名)
大韓航空のエコノミークラス韓国国内線往復航空券2枚

● 特別部門
- Go Beyond   (5名)
- 大韓航空 航空券(韓国国内線エコノミークラス 各2枚)、KALホテル宿泊券 2泊3日 (済州島)


※ 第25回 大韓航空トラベルフォトコンテスト 運営事務局
E-mailによるお問い合わせ: koreanairphoto@gmail.com

 

第25回 大韓航空トラベルフォトコンテストお知らせ

 投稿者:大韓航空  投稿日:2018年 7月 5日(木)14時25分3秒
  第25回 大韓航空トラベルフォトコンテストの募集を開始します。
皆さまからの沢山のご応募をお待ちしています!
詳しい内容は募集要項をご覧ください。


[公募要項]

● テーマ

一般部門

楽しい旅の思い出写真


特別部門

1) Go Beyond
航空撮影(例:ドローン撮影)など、新しい視点から旅を紹介する写真。旅の新たな姿、新しい挑戦や経験を表現した作品


● 対象者

旅行と写真が好きな方(国籍問わず)


● 応募期間

一般部門・特別部門:2018 年7月 13日 ~ 08月 20日


● 受付方法 :公式ホームページ(photo.koreanair.com)、
または郵送にて(送付先: Korean Air Travel Photo Contest Management Office, 3rd Fl., Backyoung bldg. 413, Bongeunsa-ro, Gangnam-gu Seoul, Korea [06097])


● 作品規格  :デジタルカメラまたは携帯電話カメラでの作品規格:制限なし
(コンピューターグラフィックや合成加工したものは不可。受賞した方からは3,000pixrl以上の原本データをご送付頂きます)

フィルムカメラ作品:モノクロまたはカラー印画写真<11×14インチ>


[賞品]

● 一般部門

- 大賞(1名)
大韓航空の国際線プレステージクラス往復航空券2枚(全路線から選択)及びエコノミークラス韓国国内線往復航空券2枚 + 大韓航空のプレステージクラス韓国国内線往復航空券2枚 +カメラ (Leica V-lux) 1台

-  金賞(1名)
大韓航空の国際線プレステージクラス往復航空券2枚(全路線から選択)

-  銀賞(2名)
大韓航空の国際線エコノミークラス往復航空券2枚(全路線から選択)

-  銅賞(6名)
大韓航空のエコノミークラス往復航空券2枚(韓国-日本、韓国-中国、韓国-東南アジア路線から選択) (受賞者が米州およびヨーロッパ在住者の場合、米州またはヨーロッパから韓国へのエコノミークラス往復航空券1枚)


-  入選(50名)
大韓航空のエコノミークラス韓国国内線往復航空券2枚


● 特別部門

- Go Beyond (5名)
- 大韓航空 航空券(韓国国内線エコノミークラス 各2枚)、KALホテル宿泊券 2泊3日 (済州島)

入賞者発表

当サイト(photo.koreanair.com)、韓国日報紙面、受賞者への個別通知


※ 第25回 大韓航空トラベルフォトコンテスト 運営事務局


E-mailによるお問い合わせ: koreanairphoto@gmail.com
 

レンタル掲示板
/2