teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:きのした2号  投稿日:2013年 7月23日(火)12時33分50秒
  翔英8-0成章  7回コールド
 
 

わかさS速報(7月21日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月21日(日)13時44分33秒
  第二試合、京都共栄 対 立命館宇治 は、4-2 で、立命館宇治が勝ちしました。

ヒット数では2本上回ったものの、決定打が出ず京都共栄は、ベスト8進出ならず。
対する立命館宇治は、二年生投手、山上君が、コントロールを乱しながらも完投でベスト8に進出し、次戦、京都廣学館と闘います。
 

わかさS速報(7月21日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月21日(日)11時18分56秒
  第一試合、京都廣学館 対 木津は、2-1 で、京都廣学館が勝ちしました。

ノーシードの2校の対戦となった第一試合は終始主導権を握った京都廣学館が、1点差を守りきり、ベスト8一番乗りを決めました。
負けはしましたが、木津の毛籠君も、気持ちが途切れる事なくよく投げた思います。
勝った京都廣学館の小林君は、次戦投げる事になると、4試合連続となるので、疲労が心配です。
 

わかさS速報(7月20日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月20日(土)13時14分17秒
  第二試合、龍谷大平安 対 京都文教 は、11-1 (六回コールド)で龍谷大平安が勝ちしました。

序盤は互角の戦いだったのですが、回を重ねる毎に平安のペースになりました。
六回からエース福岡君が登板。甲子園経験投手の貫禄を見せました。
 

わかさS速報(7月20日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月20日(土)10時57分7秒
  第一試合、北嵯峨 対 日吉ヶ丘 は、4-3 で、北嵯峨が逆転勝ちしました。

3点を先制された北嵯峨でしたが、慌てずに1点ずつ加点。
7回、ワンアウト2、3塁の時にツーランスクイズを決めて逆転。
次の回からエース小森君が登場し、そのまま終わらせました。
走塁の大切さを感じさせられた試合。かなり練習されたのでしょう。
 

太陽が丘速報(7月19日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月19日(金)15時39分3秒
  第三試合、洛西 対 桃山 は、3-1で、洛西が勝ち、4回戦に進みました。

勝利の立役者は、ピッチャー能勢君。いつもは、闘志をむき出しにするタイプだったのですが、今日は、ポーカーフェイスで、タンタンと投げる姿に成長を感じました。
打っても3安打のかため打ち。
次戦、わかさSでのベスト8をかけた戦いにも期待します。


 

太陽が丘速報(7月19日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月19日(金)13時02分11秒
  第二試合、京都共栄 対 北稜 は、12-0 (六回コールド)で、京都共栄が勝ちしました。

共栄の背番号5のエース村田君は、前の試合、宮津高校相手に五回参考ながらノーヒットノーランを記録。今日も初回から制球も素晴らしく、四回までは、パーフェクトピッチング。
五回に北稜の五番林君に打たれたのが唯一のヒットとなりました。
打っても三回にツーランホームランを放つなど大活躍でした。昨年秋の2次戦、京都すばる戦では、エースで四番だったのですが、打順が八番になったことで、気分的に楽になったのかもわかりません。
右の変則投げは、打ち難いんでしょうねぇ?
次戦も楽しみです。
 

わかさS速報(7月18日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月18日(木)15時56分19秒
  第三試合、木津 対 鴨沂 は、2-0 で、木津が勝利。

木津は、京都学園に続いて、鴨沂にも完封勝ち。
エースの毛籠(もろ)君は、ヒット8本打たれながらも、そこから粘り強い投球で点を許さず。
次のゲームでも力強い投球を期待します。
ちなみに、先制点は、毛籠君の三塁打が起点でした。
 

わかさS速報(7月18日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月18日(木)13時13分37秒
  第二試合、東舞鶴 対 嵯峨野 は、4-3 で、東舞鶴高校が逆転勝ちしました。

三回に嵯峨野が3点を先制したのですが、その後追加点が奪えず、着実に1点ずつ加点した東舞鶴が、八回裏に遂に逆転!

九回表に嵯峨野がワンアウト満塁までこじつけたのですが、最後はセカンドゴロのダブルプレーでゲームセット。
東舞鶴の二年生投手、材木君の粘り強い投球が印象的でした。
対する嵯峨野高校は、選手の脚がつり、二度に渡る試合中断。
暑さ対策に差がでたのかもわかりません。
 

わかさS速報(7月18日)

 投稿者:かんだ  投稿日:2013年 7月18日(木)10時18分17秒
  第一試合、京都翔英 対 網野 は、10-0で、京都翔英が、コールド勝ちしました。

この夏初戦の京都翔英は、翔英のエースNo.18をつけた榎本君が先発。春の京都大会には出場しなかった小谷君等も顔を揃え、ベストメンバーでの戦いでした。
長打は少なかったのですが、鋭い安打を積み重ね、危なげない勝利。
榎本君の顔の表情が、一年生の時の様に鋭いものになり、今後の活躍が楽しみです。
 

レンタル掲示板
/48